体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームボーイ風フリーシナリオRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』リリース ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』をはじめ新作ゲームや体験版の公開に関するものなど9本です。

フリーシナリオRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』リリース
artifact-adventure-gaiden-1artifact-adventure-gaiden-2

PLAYISMは9日、ゲーム制作チームbluffman制作のRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』をSteamおよびPLAYISMにて配信開始した。配信開始から1週間は10% OFFセールが実施されている。

プレイヤーの選択によりイベントの結末が変わるフリーシナリオ型RPG『ARTIFACT ADVENTURE』の外伝的な作品で、コンセプトは引き継ぎつつもストーリーに繋がりはなく、本作からでも問題なくプレイできる。

本作での新たな特徴は、プレイヤーの選択の結果が現れるのが「3年後」であるという点。3年後に災厄が迫った世界を冒険し、未来に備えてさまざまな問題を解決していくのがゲームの目的となっている。

また前作ではコマンド選択型だった戦闘がサイドビューのアクション型となったのも大きな変更点。さまざまな武器による体当たり攻撃や、3つまでセットできるアクティブスキルを駆使して次々と現れる敵を倒すという爽快感のあるバトルとなっている。モノクログラフィックによるゲームボーイ風の画面デザインも特徴だ。

前作にあった「冒険の最初に、3つの大きな恩恵のうち1つだけを選ぶ」という要素も健在で、本作では「戦闘を手助けしてくれる騎士」「旅の資金100万Gを持っている貴族」「ファストトラベル可能なあらゆる場所へ最初から移動できる探検家」の3人から1人、旅に連れていく仲間を選ぶという形となっている。

横スクロールアクションゲーム『Vivid Twinkler -氷と炎の檻-』 公開
vivid-twinkler-frozen-flame-1vivid-twinkler-frozen-flame-2

ヌバビゾン氏は7日、横スクロールアクションゲーム『Vivid Twinkler -氷と炎の檻-』をフリーゲームとして公開した。

主人公の少女と氷の妖精が協力しながらステージをクリアしていく作品。炎からエネルギーを吸収し、エネルギー弾の発射や飛翔といったアクションに使用するシステムが特徴となっている。吸収と飛翔を繰り返して空中を移動したりなど、スピーディなアクションを繰り出せるのが魅力だ。

【自作ゲーム】Vivid Twinkler -氷と炎の檻-【紹介用プレイ動画】

アクションADV『Alteradio -オルタラジオ-』公開
alteradio-1alteradio-2

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。