体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テリー伊藤が思う「二大イッちゃってるアメ車」のひとつ、シボレー SSRに遭遇!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

邪道? いやいや、このデザインが最高なんです!

今回は、「BUBU MITSUOKA BUBU横浜」で出合ったシボレー SSRについて、テリー伊藤さんに語りつくしてもらいました。

~語り:テリー伊藤~

やりました! これまでもカーセンサーエッジの「実写見聞録」ではおもしろい車、変わった車を紹介してきましたが、ついに真打ちの登場です!

シボレー SSR。

あなたはこの車の存在を知っていましたか? そしてここまでぶっ飛んだ車、見たことありますか!?

シボレー SSR(Photo:柳田由人) ▲ルーフは電動なんですよね

▲ルーフは電動なんですよね

SSRは、ピックアップトラックなのに2シーターでオープンカー。しかもこのデザイン!!

この車とダッジ バイパーは僕の中での“二大イッちゃってるアメ車”ですが、そのひとつに出合えたのですから、嬉しさもひとしおです!!

SSRが何をイメージしているかというと、「アメリカングラフィティ」時代のチョップトップ(ルーフをカットして全高を下げるカスタム)です。

チョップトップは、この当時の車だからこそ似合うんですよね。

これを現代の車でやってしまうというのは掟破りです。

とくに日本人は、こういう感覚を避ける傾向にある気がします。

だから、日本のアメ車好きからも「こんなもの邪道だ!」と完全否定されてしまった。

僕が大好きなバイパーも、日本では受け入れられませんでした。

やっぱり日本人はアメリカンスポーツ=コルベットなんですよね。ロレックスやオメガが圧倒的に支持されるのと同じだと思います。

もちろんアメリカでも商業的には失敗でした。たった4年で姿を消したのですから。

シボレー SSR(Photo:柳田由人) シボレー SSR(Photo:柳田由人)

……でもね、よく考えてみてください。

あなたは幼少期、大好きな2つのものがあるのに両方手に入れることができなかったとき、「2つがひとつになったらいいのに……」と考えたことはありませんでしたか?

SSRはまさにその発想です。

ノスタルジックなスポーツカーのイメージでピックアップを作ったらどうなるのか。デザイナーの子供心がここまで前面に出た車を僕は他に知りません。

丸くて愛らしいフロントライトとリアライト。普通ならフェンダーもライトに合わせて丸くするのに、四角くしてしまった。そこがSSRらしい部分です。

だってフェンダーまで丸くしたら、フォルクスワーゲン ビートルみたいになってしまうから。

空力とかを考えてコンピューター上でデザインしたら、こんな車は生まれないでしょうね。

シボレー SSR(Photo:柳田由人)
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会