体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型シビックは国産CセグメントのFF車で最も進化している、と言っても過言ではない!!

▲北米では2015年より販売されていた新型シビック。性能とスタイリングの良さから市場の反応も好調で、最近では珍しいホームラン級のヒット作となった。では日本仕様はいかがなのか。セダンのCVT仕様と6速MTのハッチバックの2台を試乗したので、その様子をお伝えしよう

▲北米では2015年より販売されていた新型シビック。性能とスタイリングの良さから市場の反応も好調で、最近では珍しいホームラン級のヒット作となった。では日本仕様はいかがなのか。セダンのCVT仕様と6速MTのハッチバックの2台を試乗したので、その様子をお伝えしよう

7年ぶりに国内市場に復活! 「これがシビック!?」と思わずにいられない

シビックは、1972年の登場より大衆に親しまれたパッケージングと性能が売りであった。

しかし、時代に取り残されていた雰囲気が否めなかった8代目から、日本での販売は2010年にいったん終了した。

あれから実に7年ぶり。ホンダは、次世代のシビックを時代に合わせ練り直し、日本国内での販売を開始したのだ。

▲まずセダンから試乗。ボディを見回すと、デザインと質感に力を入れて作られたように感じる。特にワイドに力強く見せるフロントのデザインは、しっかりと路面を捉えて走る骨格がうかがえる

▲まずセダンから試乗。ボディを見回すと、デザインと質感に力を入れて作られたように感じる。特にワイドに力強く見せるフロントのデザインは、しっかりと路面を捉えて走る骨格がうかがえる

シビックは、大きな寸法にできない車種であるが、限られたディメンションの中で伸び伸びとリアに流れる流麗なシックスライトのセダンを実現している。

ヒエラルキーを感じさせない初代のシビックやアコードのようなデザインに好感が持てる。

乗り込んで感じたのは、座面が低くステリングに手を添えると自然とゆったり安定したポジションが得られること。

これはプラットフォームが最新の証拠だ。ドアの締まりも精度の高さがうかがえる。

▲インテリアは高級とまでは言えないが、満足させる質感は十分に感じる。ホンダはこの手の作りが非常に上手だ

▲インテリアは高級とまでは言えないが、満足させる質感は十分に感じる。ホンダはこの手の作りが非常に上手だ

エンジンを始動すると、静粛性は申し分ない。これくらいでなければ世界では太刀打ちできない。

アクセルを少し開けて発進の様子をうかがうと、CVTとエンジンのマッチングが最適化されていて、まるでNAエンジンのように扱える。1.5Lとは思えない。

排気量にこだわるよりも性能で判断する時代であることが理解できる。

一般道をゆったりと走らせるが、ロードノイズも抑えられていて「これがシビック?」と思わずにいられないほど質感が上がっている。

高速道路で本線合流までのカーブを一定の速度と舵角で曲がると、ボディ剛性がとても高くサスペンションが素直に働いていることが理解できた。

直線に入り一気に加速すると、CVTはエンジンのパフォーマンスを生かす回転にとどまり速度を自然に高速域へ誘う。

エンジンからはホンダならではの力強いサウンドが聞ける。だが、静粛性はクラス以上の高さであるといっても良い。

▲乗り心地は低速走行以上に心地よく感じた。路面のわだちでも腰からがふらつかず、疲れを軽減させるセッティングは、シャシー性能を向上したことをさらに感じられる

▲乗り心地は低速走行以上に心地よく感じた。路面のわだちでも腰からがふらつかず、疲れを軽減させるセッティングは、シャシー性能を向上したことをさらに感じられる

意外にも剛性と静粛性が高いハッチバック

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会