体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読書芸人・カズレーザーに絶対読んでもらいたい本とは…

読書芸人・カズレーザーに絶対読んでもらいたい本とは…

最近、本屋さんでよく見かけるPOPが「カズレーザーがおススメ!」でございます。少し前までは「又吉がおススメ!」をよく目にしておりましたが…。どうやら、最近では「紹介した本は書店から消える」の称号はカズレーザー様に与えられているようでございます。

「アメトーーク!」の人気企画「読書芸人」にも、トレードマークの真っ赤な衣装でエントリーされております。金髪に赤い服といういでたちゆえ、いまだに変な人と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、カズレーザー様は関西の雄、同志社大学出身。

クイズ番組でも活躍中のインテリ芸人でございます。最近では、ズバッと確信をついた意見を言うことから、ご意見番としてのポジションも確立されております。そんなカズレーザー様の読書量がゴイスーなのでございます。年間200冊超!芸能界屈指の読書家でございます。

先日の「アメトーーク!」でカズレーザー様が紹介した『妻に捧げた1778話』も話題になり、現在ヒット中でございます。そんなカズレーザー様に絶対読んで頂きたい絵本があるのでございます。逆におススメしたいのでございます。その絵本というのが、こちら。あかがいちばん 大型本 
Amazon.co.jpより

『あかがいちばん』(作:キャシー・スティンスン 絵:ロビン・ベアード・ルイス 訳:ふしみ みさを)

 

絵本の中には、色を扱ったものが多く、単独で赤をテーマやモチーフにした作品もございます。そんななか、大人に刺さる、さらにいうと哲学好きに刺さる絵本、それがこの「あかがいちばん」でございます。

去年12月に出版になったばかりの絵本なのでございますが、実は、カナダで1982年に刊行、多くの賞にか輝いた世界的ロングセラー絵本の待望の復刊本なのでございます。

内容はというと…

主人公は、とにもかくにも「赤」が大好きな女の子。しかし、母親はそれを理解してくれないのです。色ではなく、利便性などで判断するのでございます。大人の「打算」というやつでございます。

そんな母親に対して女の子は、「赤い靴下をはくと高くとべるし、赤いパジャマはおばけを追いはらってくれる」「ジュースだって赤いコップで飲むほうが美味しい」と主張!いったいどっちの言い分が通るのか…。そんなお話でございます。

子供の「好き」とう感覚をこんなにも的確に描いた絵本は他にないのでは…。この絵本を読んだ時、カズレーザー様の赤色好きと、この絵本の主人公である女の子の赤色好きが、きれいに重なって見えたのでございます。

「好きだから」という判断基準は大人になると、社会にでると、なぜか優先順位が急降下いたします。利便性、コスト、忖度、…「好きだから」という判断基準が一番だったあの頃を思い出させてくれる絵本なのでございます。

大人がいろいろ考えさせられる絵本なのでございます。子供より大人にハマる絵本でございます。是非、カズレーザー様に読んで頂きたい1冊でございます。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy