体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国人に聞く日本で働く・暮らすって?「バイト先のみなさんから“私たちは家族だよ”と書かれた手紙をもらった時は、感動で涙が止まらなくなりました」

中国人に聞く日本で働く・暮らすって?「バイト先のみなさんから“私たちは家族だよ”と書かれた手紙をもらった時は、感動で涙が止まらなくなりました」 Yayu01

外国人から「日本で働く・暮らす」って、実のところ、どのように見られているのでしょうか?そこで、フロムエーしよでは、さまざまな外国の方から見た日本をご紹介していきます。第10弾は、中国出身の「Yayu(ヤユウ)」さんです。

Yayu02

京都の小料理屋のバイトは素敵な年配のご夫婦が、娘のように可愛がってくれました。

――あなたが日本で経験したバイトはどういったものでしたか?

忘れられないバイト経験が、京都の小料理屋での接客です。

勤務時間は18時~22時の週5日で、時給900円。賄いもありましたね。

この仕事を選んだ理由は、日本と日本語を勉強することができると、家から近くだった(歩いて10分)の2つからです。

――当時の上司や同僚はどんな存在でしたか?

京都の小料理屋は素敵な年配のご夫婦が経営していて、私を娘のように可愛がってくれました。

大将は若い頃に行ったアメリカの話を楽しそうに語ってくれたり、中国の文化に興味があるようでしたね。

お客さんがいない時にはたくさん会話をして、それが日本語の上達にすごく役立ちました。

同僚には日本人の女の子がいました。

彼女はとてもいい人だったんですが、物静かなタイプ。

最初は彼女に嫌われているのかなと思いましたが、すぐにただの恥ずかしがり屋だと気づきましたね。

――そのバイトの最も楽しかったエピソードを教えてください。

最高の思い出は、異国にいても周囲の人に愛されていると感じた時かな。

ちょうど誕生日にバイトがあったんです。

普段夕食の賄いをスタッフルームで食べてから仕事を始めるんですが、大将が「ちょっと待って」と言うんです。

そしたら突然…大将と奥さん、他のスタッフがハッピーバースデイを歌いながら入ってきたんです。

しかもスペシャルディナーをご馳走してくれて、小さなケーキと手紙までくれたんですよ。

手紙の「私たちは家族だよ」というフレーズを読んだ時は、もう涙が止まらなくなりました。本当に感動して、たくさん勇気づけられました。

高校生がバイトをすることには驚き!中国でそんなことは考えられない

Yayu03

――日本のバイトで一番驚いた日本人の行動・考え方は何ですか?

高校生がバイトをすることには驚きました!

中国では、高校生の使命は一つだけ、「勉強」です。

それと、日本人は対面コミュニケーションが苦手で、テキストメッセージで済ませますよね。休憩時間に同じ部屋にいても、日本人は携帯でチャットしていて、お互いに話をしません。

日本人の元同僚は、私に一緒にランチをしないかってメッセージを送ってくるんですが、私たちのデスクは隣ですよ?

中国では直接聞くだけ。「ねぇ、一緒にランチ行かない?」とても簡単ですよね!

――ご自身の国で10代後半~20代前半の就業意識・キャリアプランはどういったものですか?

中国の高校生はほとんどの時間勉強しています。

バイトの時間はありません。

すべては高考(中国の大学入試統一テスト。中国には大学ごとの入試がなく、この試験一発勝負)のためです。

勉強して、良い学校に入り、賃金の良いホワイトカラーの職につき、然るべき相手と結婚する。

中国では幼少の頃からこういった考え方を叩き込まれるます。

ただ、やっぱり時代は変化していて、2016年の統計では大学生の69%がアルバイトをしているみたいですね。

「チャンスは備えあるところに訪れる」

Yayu04
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。