体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きなことを突き詰めると何らかの形で仕事につながる」自ら走るスポーツジャーナリスト・橋本謙司

橋本謙司さん 橋本謙司さん

自分のやりたいことを仕事にしたい。誰もが持つそんな思いを実現している社会人は、何を考え、何を経験し、目標を叶えてきたんだろう。インタビューを通して「バイトで学んだことがその後のキャリアにどう役立ったか」「人生の岐路に立ったとき、どんなモノサシで自分の道を決めたのか」を聞いてきました。

今回紹介するのは、スポーツジャーナリスト・橋本謙司さん(33歳)。自転車やランニングを中心にライティングや撮影を手掛けていますが、世界選手権への出場経験もある強豪市民アスリートとしての顔も持っています。なぜ彼は「走るジャーナリスト」であり続けているのでしょうか。

 

走って、撮って、文字にする。現役アスリートだからできること

橋本謙司さん

――いまのお仕事について教えてください。

スポーツジャーナリストとして、ライティング、編集、撮影などを手掛けています。スポーツ自転車やランニングが中心で、国内外のレースのレポート、新モデルの自転車の評論やトレーニング法の解説など、市民アスリート向けのメディアで仕事をすることが多いですね。

――ご自身も輝かしい成績を残している強豪市民アスリートです。

いえいえ(笑)。小さいころから走ることが好きで、中高と陸上部で中長距離をやっていたんですが、高校1年生のときに故障でやむなく退部。それ以来、「高校生市民ランナー」として自分のペースでランニングを楽しむようになりました。自転車を始めたのも大学時代のサークル仲間の誘いでロードバイクを購入したのがきっかけで、マイペースでやってきました。日々の努力の積み重ねが表彰台や記録更新という結果になって現れるのが楽しくて、今日まで続けています。

――ライティングや撮影、編集を一手に手掛けているのはなぜですか?

読者の目線を大切にするためです。たとえば雑誌なら、編集者・ライター・カメラマンが分業をして効率よくページをつくることが多いです。でも私の場合は、自分が見聞きしたことをそのまま読者に伝えたいという思いがあるので、あえて自分一人でやっています。レースの取材では自分で出場することが多いですし、自転車の評論やトレーニングに関しても必ず自分で乗って、実践したことをもとに執筆しています。読み手は市民アスリートですから、忙しい仕事の合間を縫ってトレーニングして競技力を高めているわけです。私が同じ立場でいることは、読み手にとっての安心材料になります。

 

その後を決定づけた、スポーツ番組制作のバイト

橋本謙司さん

――いまの仕事を選んだきっかけが、学生時代のバイトにあるようですね。

そうなんです。大学2年の時、箱根駅伝のテレビ中継の制作に関わることになりました。所属していたランニング同好会の先輩から引き継いだバイトだったんですが、小さいときから「箱根フリーク」だった私には願ってもない仕事でした。

秋の予選会で選手に取材をしたり、出場校・選手の記録などの情報を事前にまとめ、当日の中継に生かすというものです。番組のディレクターやアナウンサーとやりとりをしながら、中継の手助けをしていました。とくに中継直前の大晦日に行ったリハーサルは緊張しました。1区から10区までの展開をある程度予測しながら当日の中継車の動きを決める作業なのですが、レース展開の予想は私に一任されていたので重責に押しつぶされそうでしたね。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。