体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【川越食べ歩きグルメ】川越でおすすめの焼きイモ!平本屋「つぼ焼きイモ」

このところ、観光地として大人気の埼玉県川越。市のデータを見ると平成28年は年間で700万人以上が訪れたと分かります。20年前の平成8年と比べると倍近い人が遊びに来ていますから、最近の際立った人気ぶりが分かりますよね。

その埼玉を代表する人気の観光地、川越と言えば何を思い浮かべますか? 川越は筆者の高校時代の通学路でもあるため、何度か友人をガイドしましたが、誰もが「イモ」を連想していました。イモと言っても、サツマイモですね。

川越で熱々の焼きイモを食べたいなら!平本屋「つぼ焼きイモ」【川越食べ歩きグルメ】
そこで今回は「川越に来たのだからイモを食べたい」という人におすすめのお店、石焼きイモならぬ「つぼ焼きイモ」を食べさせてくれる平本屋を紹介したいと思います。

 

どうして川越=サツマイモなの!?

川越で熱々の焼きイモを食べたいなら!平本屋「つぼ焼きイモ」【川越食べ歩きグルメ】
寒い季節に熱々のサツマイモをほおばる瞬間は、本当に幸せを感じますよね。たとえ最先端の東京・表参道であっても、石焼きイモの販売車に足を止めると、気が付けば後ろに列ができているくらい、現在でも焼きイモは大人気。江戸時代に江戸に暮らした人々にも愛されたようで、庶民が食べられる甘い食べ物として、焼きイモは大ヒットしていたと言います。

しかしサツマイモの満載されたカゴを持ち上げてみると分かる通り、とにかく重たくて輸送が大変・・・。遠くで栽培すると運ぶ作業が大変だったため、江戸に近い川越周辺(現在の川越や所沢など)で栽培が始まり、新河岸川という河川で船に載せて東京に運んだと言います。

川越市の情報によると、川越産のイモは質も良く流通量も多かったため、

<天保時代(1830年ごろ)の書物「諸国名物番付」には、サツマイモの代表産地として川越地方と記載されていた>(川越市のホームページより引用)

とあります。そのころから川越=サツマイモというイメージが定着し始めたのですね。

 

川越にはサツマイモのスイーツがいっぱい

川越で熱々の焼きイモを食べたいなら!平本屋「つぼ焼きイモ」【川越食べ歩きグルメ】
聞くところによると、現状では川越周辺ではそれほどサツマイモの栽培が盛んに行われていないと言います。とはいえ、今でも川越に訪れると、サツマイモを使った食べ物がいっぱい。

サツマイモを使ったタルトや、ソフトクリーム、お酒などたくさんありますが、「せっかくなら丸ごと一本、サツマイモを食べたい」という人も少なくないはず。その場合は、平本屋に訪れてみてください。深さ80cmほどある特注のツボでじっくりと焼き上げた、石焼きイモならぬ「つぼ焼きイモ」を食べさせてくれます。

必ずしも川越産のイモを使っているわけではありませんが、店主いわく味を最優先させた上での判断との話。そのおいしさを求めて年末年始や大型連休、祭りの時期など特に人でにぎわうタイミングには、長蛇の列ができるほどです。

 

1949年創業で2代目が切り盛りする名店

川越で熱々の焼きイモを食べたいなら!平本屋「つぼ焼きイモ」【川越食べ歩きグルメ】
平本屋は創業1949年の老舗で、現在は2代目の店主がお店を切り盛りしています。1代目は現在の店主の母親で、初代死去を受け、2代目が店舗を引き継いだのだとか。店主はとてもフレンドリーな方で、昔は製薬会社で営業を行っていたそう。現在は数字のノルマがない生活を、悠々自適に楽しんでいると言います。

店内は1坪ほどの広さがあり、その一角に酒屋で作ってもらったという深さ約80cm、直径約40cmのつぼがあります。針金のような棒を折り曲げ、その先端にイモを引っ掛けて、火力230~240℃の熱でじっくりと20分ほど焼き上げる調理方法になります。火力は石炭の一種であるコークスが使われており、つぼの中をのぞくと真っ赤に熱を放っていました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。