体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

季節到来!おすすめ「いちご狩りスポット」37選【関東近郊】時期や料金もチェック!2018

冬こそ!いちご狩りに行くべき理由

待ちに待ったいちご狩りの季節が到来!ハウスでかぶりつく完熟いちごの味は格別。今回は関東・甲信越エリアのいちご狩りができるスポットをご紹介いたします!心ゆくまで旬を味わい尽くしたいあなた、まずは気になる農園をチェック!冬の今こそ行くべきおすすめポイントや、おいしいいちごの見分け方もお見逃しなく!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■ いちご狩りのポイント →

■ ~都心で楽しむいちご狩り!~南関東(東京・神奈川・千葉)→

■ ~粒が大きくて甘い品種ばかり~北関東(埼玉・茨城・栃木・群馬)→

■ ~果物王国自慢のいちごをぜひ!~甲信越(山梨・長野・新潟)&静岡→

冬こそ!いちご狩りに行くべき理由

冬こそ!いちご狩りに行くべき理由

いちごは寒いと甘くなる!

気温が低いといちごはゆっくり生長し、甘味が増す。その結果、糖度が高く濃い味わいのいちごができるのだ。ほっぺが落ちそうなほど甘くておいしいいちごは、ぜひ冬に!

シーズン初めだから、実がおおきくてぎっしり!

いちごはシーズンの早い時期ほどずっしりとした実ができるが、暖かくなると枝は先細り実も小さくなる。ズバリ、食べ応えのあるいちごを冬におすすめする理由はコレ!

ピーク時よりすいている!

レジャーシーズン真っ只中の春休みは家族連れでビニールハウスの中がごった返すことも。おしゃべりしながらゆっくりいちごを味わいたいなら、ぜひこの時期に。

ハウスの中はあったかい!

厳冬期に外出するなんて寒いのでは?と不安なあなたにこそおすすめ。ビニールハウスの中は、天候によっては上着がいらない日もあるほど暖かいのだ。まさに“ぬくぬく”。

冬の体にうれしい!

大きめのいちご4~5個で一日に必要なビタミンCが摂取できる。風邪を引きやすいこの時期こそ、おいしくて体にうれしいいちごをたくさん食べよう!

完熟イチゴを見抜くコツ

完熟イチゴを見抜くコツ

その1:ヘタが上に反り返り、実が葉から離れている。

その2:ヘタのすぐ下が細い「首なし」は絶品。

その3:種を覆うように実が盛り上がっている。

その4:ヘタの下の果肉がひび割れ(割け)ている。

その5:表面に光沢があり、根元まで果肉が真っ赤。

じっくり見て、探してみてね。

もっと!イチゴを美味しく食べるには?

もっと!イチゴを美味しく食べるには?

ハウスの奥の方で探そう!

入口付近は色づき始めたいちごが多い。真っ赤に熟したいちごならハウスの奥を狙って。

陰に隠れているものを見つけて

葉の裏側や陰に隠れている、冷たくて甘いいちごを探そう。

甘い先端は最後に食べよう

最も甘い先端を最後にとっておけば最後まで甘みを堪能できるという、秘策中の秘策!

いちご狩りの基本

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。