体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皆川明&中村好文ディレクションの宿泊施設「京の温所」、2018年春オープン

マークとロゴタイプの組み合わせ

京町家をリノベーション

2018年4月末、京都・岡崎エリアに下着メーカーのワコールが手がける、京町家を活用した宿泊施設「京の温所」がオープンします。

ワコールは創業以来、京都を拠点として下着を中心としたライフスタイルの提案を行ってきました。来春オープンする「京の温所」では京都の街を次世代へ受け継ぐことを目指し、宿泊施設としてだけでなく文化やコミュニティと繋がれる場としても活用していくそう。

ディレクターとして、ファッションブランド・minä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイナー・皆川明氏と、建築家・中村好文氏が就任。コンセプトメイクから町家のリノベーションまで、全体像を描く役割を担っています。

コンセプトは「ひとつの旅が暮らしの深呼吸のように感じられるひととき」。滞在する人同士が集い、日常の安堵感と旅の開放感を感じられる、そんな温かな場が京都に誕生します。

オープンまであと数ヶ月、続報が待たれます。

kyo-ondokoro_01 Photo: L.A.TOMARI

皆川明(みながわあきら)

1967年東京生まれ。1995年に自身のファッションブランドminä perhonenを設立。オリジナルデザインの生地による服作りを進めながら、インテリアファブリックや家具、陶磁器など暮らしに寄り添うデザインへと活動を広げている。Kvadrat、KLIPPANなどのテキスタイルブランド、陶磁器ブランドRichard Ginoriへのデザイン提供や東京スカイツリーのユニフォームデザイン、新聞小説の挿画も手がける。2006年「毎日ファッション大賞」大賞、「2015毎日デザイン賞」、「平成28年度芸術選奨」美術部門文部科学大臣新人賞受賞。

kyo-ondokoro_03

中村好文(なかむらよしふみ)

1948年千葉県生まれ。1972年に武蔵野美術大学建築学科を卒業、同年から1974年まで宍道建築設計事務所に勤務。都立品川職業訓練所木工所木工科を経て、1976年より1980年まで吉村順三設計事務所に勤務。1981年レミングハウス設立。1987年「三谷さんの家」で第1回 吉岡賞受賞。1993年「一連の住宅作品」で第18回 吉田五十六賞「特別賞」受賞。1999年より日本大学生産工学部 建築工学科研究所教授。

京の温所

オープン:2018年4月末

所在地:京都・岡崎エリア

ディレクター:皆川明(ミナ ペルホネンデザイナー)

中村好文(建築家)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

プライウッド&スモールバージョンが登場!「イームズ エレファント」にニューフェイスが仲間入り
「赤坂蚤の市」初のポップアップショップ、伊勢丹新宿店に1週間限定オープン
お札でつくるゲバラに野口一葉…「ピロ・世界のお札折り紙展」開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。