体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おつまみの気配を完全に消した『柿の種 ミルク&いちごチョコミックス』は見た目ちっちゃなゼリービーンズ!

 

酒のアテ(おつまみ)の代表格「柿の種」が、女子会への参加をもくろみ「KAKITANE CAFE」シリーズを展開! さてその中の『柿の種 ミルク&いちごチョコミックス』はコーヒーに合う女性向け柿の種だというがその真相は?

発売60周年!今や「柿の種」でコーヒーブレイクする時代到来

亀田製菓の「柿の種」は、今や海外セレブの間でも人気を呼んでいる大ヒットおつまみ。2017年には発売60周年を迎え、おそらく今後もおつまみ界のレジェンドとして君臨し続けるだろう。しかしここにきて、女性に向けたチョコ柿の種「KAKITANE CAFE」シリーズを発売開始! そういえばCMキャラクターは女優・有村架純。おもいきり女子だった!

 

女子向けの新・柿の種『ミルク&いちごチョコミックス』(35g・希望小売価格 税抜138円・2017年12月4日発売)は、飲み会のシーンではなく”ほっと一息つくブレイクタイム”で気軽に食べられることがコンセプト。コーヒーとよく合うおやつとして、チョコがけの柿の種になってデビューしている。

しかも単なるチョコがけの柿の種ではなく、「各味をミックスした方が商品の魅力が上がる」というファンからの意見を採用し、1袋に2種類の味わいをミックス! ミルクチョコ味といちごチョコ味の2種類の柿の種を同時に食べられるアソートタイプなのだ。

 

「チョコがけの柿の種」自体は今はめずらしくはなく、亀田製菓はもちろんのこと、ロッテやブルボン、無印良品なんかでも購入できる。が、2つの味がミックスとなれば貴重な存在! さっそく食べてみよう。

 

『柿の種 ミルク&いちごチョコミックス』の味は?実際に食べてみた!

『柿の種 ミルク&いちごチョコミックス』は女性向けの柿の種だけあって、その見た目も徹底して女子っぽい。パッケージはピンク・ブラウン・レッドとカラフルに仕上げ、手書き風のイラストもかわいらしい。

チャック付なので、気軽にカバンに入れて持ち運べる。駅のベンチで食べていても、まさか柿の種を食べているとは思われないだろう。

中身も2種類のカラーがかわいらしい。ブラウンの「ミルクチョコ味」とピンクの「いちご味」は、柿の種なのにどことなくゼリービーンズっぽい。

サイズは、チョコレートでコーティングされている分、普通の柿の種よりもちょっとだけ大きめ。袋を開けた瞬間、チョコレートの甘い香りが広がる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy