体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セガ『ボーダーブレイク』大人気アーケードゲームがPS4版に! 基本無料で遊べるぞ!

2009年にアーケードゲームとして登場し、現在も根強い人気があるハイスピードロボットチームバトル『ボーダーブレイク』が、今年ついに家庭用ゲーム機・PlayStation 4(PS4)で発売される。1月11日に行われた新プロジェクト発表会にはメディア関係者だけでなく一般のファンも多数詰めかけ、どのような発表があるのかと大きな注目が集まっていた。そんな記者発表会の模様をレポートする。

そのとき会場が大きくどよめいた!

写真左から、記者発表会に登壇した公式コスプレイヤーのこよみさん、プロデューサーの青木盛治さん、でんぱ組.incの古川未鈴さん、セガ・インタラクティブ代表取締役社長CEOの杉野行雄さん、公式コスプレイヤーのKANAMEさん

セガ・インタラクティブ(東京都大田区)の『ボーダーブレイク』は、第1弾が2009年に登場。その後、シリーズ累計50万人以上のプレイヤーがいると言われるゲームセンター向けのアーケードゲームだ。その特徴は「ハイスピードロボットバトル」「豊富なロボ&武器のカスタマイズ」「戦略性の高いマップ」で、最大10人vs.10人によるネットワーク対戦型のゲーム。プレイヤーは「ブラスト・ランナー」と呼ばれるロボットを操り、「プラント」を奪いながら敵のベース内に設置された「コア」を破壊することがゲームの目的となっている。

オープニングムービーの1シーン

1月11日に東京・秋葉原のUDX THEATERで行われた記者発表会には、多くのメディア関係者に加え、事前に抽選で選ばれた「ボーダーブレイク」ファンも多数詰めかけて、異様な熱気に包まれた。

開会とともにプロモーションムービーが流され、最後に「PS4」の文字が表示された瞬間、詰めかけたファンから「えっ? マジで!?」「うおおっ!」と大きなどよめきが上がった。それだけ、この「ボーダーブレイク」PS4版は待望されていたということなのだろう。

発表会冒頭、セガ・インタラクティブの代表取締役社長CEO・杉野行雄さんは「『ボーダーブレイク』は大きなマーケット。大会やイベント、二次展開などを行ってきました。そして、満を持してPS4版へ参入することを決めました」と挨拶。「なぜPS4なのか。それは、弊社の“マルチデバイス・ワンサービス”戦略の一環によるものです。多人数同時プレイが特徴の『ボーダーブレイク』にとって、PS4というハードが家庭用ゲーム機としてはもっとも親和性が高かったということ」と説明した。

さらに驚きの発表も杉野さんの口から飛び出した。

「PS4版『ボーダーブレイク』は、フリーtoプレイ(基本無料)です。アーケードゲームとしての認知度は高いものの、全国のゲーマーにはまだ認知が少ない。だからフリーtoプレイというスタイルを選びました。触ってもらえれば面白さを理解していただけるはずだからです」とのことだった。

基本無料でプレイ可能で2月にはオープンβテストも開催!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会