体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうです。

その最新技術を利用して、地上でも楽しめるハーブキットが開発されました。なんでも、5週間で種からぐんぐんハーブが成長しちゃうんだとか。

シンプルで機能的
採れたてのハーブを楽しもう!

国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

比較的育てやすいハーブですから、日ごろから室内栽培している人も多いはず。でも、いくら育てやすいからといって時間をかけて世話をするとなると、やっぱりそれなりにコストはかかりますよね。

きっとこの「Spacepot」は、そんな人たち向け。国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

こうして見るとインテリアにも十分馴染むデザインですよね。では、このどこにNASAの革新が込められているのか?

曰く、宇宙空間での栽培を考慮し、「水と栄養液」でハーブを水耕栽培するための要素をすべてまかなってくれるのだとか。つまり土は必要としないということ。
国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

まず、ポットに水と栄養液を入れます。栄養液の中にはホウ素、カルシウム、銅、鉄、マグネシウム、マンガン、モリブデン、硫黄、亜鉛が含まれていて、これらがハーブの成長を促すそう。国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」 次に、発芽用の小さな専用鉢に種を植える。開いた部分から根が伸びるため、植え替えも不要。国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

もちろん日当たりも影響するでしょうが、土がないことが逆に栄養が行きわたりやすく、地上よりも速く、大きく成長するそうですよ。

最短でわずか5週間。ガーデニング好きならばお分かりでしょうが、これ種からと考えれば確かに速い。

 国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」国際宇宙ステーション仕様の「ハーブ栽培キット」

メーカーによると、ミシュラン星を獲得したレストランにおいて、Spacepotを試験運用、その栽培スピードは大きなメリットとして受け入れられているようですよ。

ちなみに、手の届かなそうな値段を想像してましたが、1ポット54ドル(約6千円)で手に入れることもできるみたい(「Indiegogo」で資金調達中)。インテリアとして、料理のアクセントに、あるいは子供への教材としても。さすがに無重力状態でとはいきませんが、せめて気持ちだけでも。

関連記事リンク(外部サイト)

3週間ほったらかしでもOK!「ハーブや野菜」を自宅で水耕栽培できるキット
実は水の中でも育つ!サボテンの「水耕栽培」での育て方
今すぐできる。多肉植物の「水耕栽培」による育て方

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。