体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニューヨーカーの朝コーヒー

ニューヨーカーの朝コーヒー

ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒートレンドが垣間見えるだけでなく、試してみたくなる飲み方まで。

「Gear Patrol」より、ライターJ.Travis Smithさんの記事をどうぞ。ニューヨーカーの朝コーヒー

01.
Sarah Lewitinn

Aritzia音楽ディレクター、DJ、ライター

My Favorite:
フレンチプレスにSplenda(甘味料)とアーモンドミルク
Style:
ヨーグルト、グラノーラ、ぶどう、シュガークッキー

そもそもカフェインが体に入っている状態が私のデフォルト。なにせ母は、私が3歳の頃から週末にシュガークッキーに合わせてトルコ・コーヒーを飲ませていたくらいだから。

そんな私の朝は、フレンチプレスで淹れたコーヒーから始まります。あとフレーバーコーヒーを買い漁っているんだけど (「Sensuous Bean」のバナナクリームパイ、「Urban Market」のパンプキンスパイス)、一番のお気に入りは、やっぱり普通のフレンチローストですね。

それにSplendaとアーモンドミルクを足しています。時間があれば、グラノーラ入りのヨーグルトとぶどうを添えて。本当はシュガークッキーのほうが性に合うんだけどね。

02.
Jeff Stark

風変わりなイベントガイド/メルマガNonsense NYC編集者

My Fvorite:
セカンドウェーブの豆をフレンチプレスで淹れたコーヒーを二杯

夜は遅い割に朝は8時起きだから、毎朝ウンとダークなコーヒーをフレンチプレスに入れて、朝食に合わせて一杯、夕方に一杯飲んでいます。いまや朝目覚めてから一時間以内にコーヒーを飲まないと頭が痛くなるんだ。もう中毒だね。

それはさておき、僕はコーヒーオタクの中でもセカンドウェーブの信者。だからもっぱら買うのは近所のコートストリートで1948年からある老舗「D’Amico Coffee」」のオーガニックかつ日陰で育てられてきた、コロンビアのフレンチロースト。

サードウェーブは嫌だな。酸っぱい豆はエスプレッソマシーンにでも入れなければ微妙としか言いようがないと思うんだ。ニューヨーカーの朝コーヒー

03.
Stephen Pulvirent

Bloomberg Pursuits共同編集者

My Favorite:
ボダムのフレンチプレスで淹れたコーヒー
Style:
近所のフランス菓子専門のパン屋さんから買った、クロワッサンもしくはKINDバー。BGMはWNYCの『On the Media』。

コーヒー好きの僕にとって、美味しいコーヒーを淹れてリラックスするのは至高の週末の過ごし方。まずは豆をひいて(Oslo CoffeeのFreyaダークローストもしくはKonditoriのハウス・スウィディッシュ・ロースト)、それからボダムのフレンチプレスに入れて、浸す。

そうしてWNYCの『On the Media』(のポッドキャスト)をかけて、InstagramやPinterestに目をやり、コーヒーをたしなみながら次の一時間を過ごす。それでもって贅沢な気分が味わいたければ、近所のフランス菓子専門のパン屋さんで買ったクロワッサンを食べるけど、普段はKINDバーとか軽いもので済ませてるよ。

毎週土曜日は仕事がない限り、これがルーティン。”お休みモード”に心を入れ替えるのには最適だね。

04.
Daniel Lewis

Brooklyn Tailorsの創始者兼代表テイラー

My Favorite:
ボダムのフレンチプレスにたっぷりコーヒーを淹れる

メールをかき分けたり、ブレンナと一日のスケジュールを組んだりと、ほとんどの仕事は家のオフィスからしています。この時間までにスタジオに入らないという厳密な決まりがないので、ベッドでだらけてしまうのも事実。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会