体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。

とにかく住む場所がない!

手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!

そんな切望から生まれたのは、「排水管に住んじゃおう」なんていう奇抜なアイデアでした。

家がないなら
排水管に住めば良いじゃない!

住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

ビルとビルの間にびっしりと詰まった排水管は圧巻の一言。本当にここに住むの…? と思いきや、案外案外すっきりとした作りの住みやすそうな部屋になっています。

ファンタジー映画のような世界観ですが、香港の建築会社James Law Cybertectureによる「OPod」というマイクロ住宅です。住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

OPodは香港の地下の雨水排水管として実際に使用されている2.5mのコンクリートパイプから造られています。パイプの中には生活に必要なスペースを兼ね備えており、1~2人で暮らすことが可能です。

とても丈夫なコンクリート製のパイプなので、火災などで全焼する心配もなく、積み重ねてアパートのようにしてしまえば、街中の空いたスペースが居住空間になる…というコンセプト。住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港) デザイナーズマンションみたい!おしゃれ!という感じもしなくもありませんが、まあ、やっぱりどう見ても、排水管、ですよね…。住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

リビングスペースやトイレだけでなく、キッチンやシャワー室もついているので生活にはまったく困りません。そのハイスペックさと外見のギャップがもはや笑えてきます。

安く一人暮らしをしたい人にはうってつけ、なのでしょうか…(笑)?住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港) James Law Cybertectureは、建築、インテリアデザインをはじめ、ビルドサービスにおいて高い評価を受けています。国内はもちろん、ドバイやモスクワ、ムンバイ、ニューデリー、北京などで国際プロジェクトにも携わり、その独創性とアプローチ方法は世界中から注目されています。うん、たしかに独創的。住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

高架下を埋め尽くす排水管ハウス。ひとつひとつに誰かの営みがあるのだと思うと、香港という国の人口密度に、どうしてもゾッとしてしまいます(笑)。Licensed material used with permission by James Law Cybertecture International®

関連記事リンク(外部サイト)

「中国と香港は、違います」香港人が制作した、20枚のイラストが話題に
新しい週末旅行の提案!2泊3日香港トレッキングの旅
「ゲイの祭典」がアジア初開催へ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会