体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。

人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。

鼻の先が凍るような、極寒の地。

コンドルの声が上空で響き、多様なアンデスの動植物の息吹が、かすかに息づいている。

標高4,600m。息をのむような美しい氷河湖が、目の前に広がっている。

「白と青」を独り占め

人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。

自分以外に人の姿はなく、足下にはごつごつとした岩。

足場の悪い道なき道の末に辿り着いた、青く冷たい湖。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。 冷え切った山には雪が積もり、吐く息は白く、人の言葉は自分が口にするもの以外聞こえない。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。

これらの写真は、ペルーの湖「ラグーナ69」で一夜を過ごしたChris Königさんに提供してもらった。実際に訪れるハードルは決して低くはないが、一度はこの目で見てみたい景色だ。人は、こういう場所を「秘境」と呼ぶ。Licensed material used with permission by Chris König, (Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

ペルーの「虹」は空でなく、山にも描かれていた。
帰国がツラすぎて逆に行きたくない「世界の秘境」
静岡県の山奥。湖の上にある「秘境駅」が、まるで海外みたい・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会