体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメニティが「LE LABO」。

アメニティが「LE LABO」。

って聞いて、「香港に行ったらこのホテルに泊まりたい!」と思いました。単純ですね。

LE LABOのショップは日本だと代官山の1店舗しかなくて、そこにはじめて行ったとき、スタッフの女性がこう教えてくれたんです。

広告は一切出していません。そこにお金を使うんじゃなくて、ほんとうにいいものを作って、ほんとうにいいと思った人に、口コミで広めていってもらいたいから。

すてきでしょ?

いちばん小さいサイズ(15ml)の香水が1万円くらい。ちょっと値は張るんだけど、実際、香りもすごくいいんです。上品にエッジがきいていて。えっとー、でも、香りをことばでちゃんと伝えるのはむずかしいので、ホテルの紹介をします。

そんなわけで、アメニティグッズがLE LABOのものっていうだけで、「TUVE HOTEL」に泊まりたいと思ったんですね。

ただ、内装もやっぱりLE LABOを扱うだけあるなあ、って感じ。ミニマルで、シンプルで、すっごく洗練された空間ではあるんだけど、だからといってクールすぎるわけでもない。不思議なバランスがとれた空間。泊まってみたい!アメニティが「LE LABO」。

TUVE HOTEL

住所:16 Tsing Fung Street Tin Hau Hong Kong(MTR天后駅から徒歩5分)

1泊あたりの料金:2名21,095円~(2018年1月17日現在)

HP:http://www.tuve.hk/

Licensed material used with permission by TUVE HOTEL

関連記事リンク(外部サイト)

「壁もない、天井もない」ホテルでやりたいこと。
バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。
Instagramのフォロワー1万人以上で一泊無料!シドニーのホテルが仕掛けるPR戦略がナイス

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会