体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バイクが主人公の青春SF、異色の宇宙史あり、寓話風数学ファンタジイあり

バイクが主人公の青春SF、異色の宇宙史あり、寓話風数学ファンタジイあり

 日本SFのカッティングエッジを担っているのは短篇だ。ここ数年、短篇集にまとまっただけでも、高山羽根子『うどん キツネつきの』、長谷敏司『My Humanity』、藤井太洋『公正的戦闘規範』、飛浩隆『自生の夢』、上田早夕里『夢みる葦笛』と、綺羅星のような収穫が数えられる。さらに連作短篇にまで視野を広げてみれば、宮内悠介『盤上の夜』『ヨハネスブルグの天使たち』『スペース金融道』、酉島伝法『皆勤の徒』、菅浩江『誰に見しょとて』、谷甲州『星を創る者たち』『コロンビア・ゼロ 新・航空宇宙軍史』、北野勇作『カメリ』といった具合だ。

 そして、また一冊、この傑作リストに鮮烈な短篇集が加わった。小川一水『アリスマ王の愛した魔物』である。長篇ではライトノベルから本格SFまで広いレンジで力作、話題作を発表している作者だが、短篇もさまざまな傾向を書きわけ、しかもいずれも完成度が高いという技量の持ち主だ。

 本書は五篇を収録。順番にみていこう。

 冒頭を飾る「ろーどそうるず」は、バイクが語り手だ。バイクを擬人化しているのではなく、AIが搭載されており、そのAIにとってはバイクは身体なのだ。人間が自我はあくまで脳内にあって身体はそれをくるむ外殻だと考えず、身体まるごとを自分だとみなすように、このAIも自分はバイクだと意識している。その感覚描写が素晴らしい。たとえば、初運転の場面。

「ってことはいよいよ点火(イグニッション)だな? 回していいんだな? うおお出番かおれの出番か、あっ……バンク計が回復。サイドスタンド格納。おおお、の、乗るぞ、相棒が乗るぞ乗るぞ乗あっ」

 おれ(「M3R3011」というのが型番号だ)には目も耳もないが、その代わりに温度計や吸気センサーで気流を味わい、サスの沈みこみでライダーを感じ、六軸ジャイロで傾きと加速を知り、回転計と速度計で自分とライダーがどんなふうに走っているかを意識する。まさしく異質の世界観! そして、おれの本能は、どんな状況どんな状態であっても人間を乗せて走ることに喜びを覚える。

 どんな状況どんな状態というのがポイントで、たいていのバイクはいつもメンテナンスが行きとどいて万全とは限らない。部品は劣化して不具合を起こすし、ライダーもときに無茶な乗りかたをして負担をかける。それどころか、売り払われて持ち主が変わることさえあるのだ。事故。窃盗。改造。酷使。人生ならぬバイク生は波瀾万丈である。

 小川さんがうまいのは、「語り手」のバイクがただ流転するだけではなく、それにつきそう「聞き手」を設定しているところだ。M3R3011は無線によってモニターAIのRD16−VPTに接続している。実走データを吸いあげ、メーカーが開発に役立てるためにこうした措置が取られているらしい。また、リモートメンテナンスという目的もあって、RD16−VPTから3011へアドバイスが送られたりもする。部品交換をすれば、それに対応してソフトウェアのアップデートも無線でおこなわれる。

 AIは人間ではないので基本的には互いの機能に準じてドライな関係なのだが、やりとりはバイクらしくやんちゃな3011とモニターらしく冷静なRD16−VPTの妙に噛みあう感じがおかしい。新品だった3011がだんだんポンコツ化していき、それでもタフに走りつづけるのをサポートするうち、RD16−VPTに奇妙な友情のようなものが芽生えていくのが絶妙だ。3011のほうも遠隔で手助けできることは限定的でも、せめてRD16−VPTには知っておいてもらいたいと考えるようになる。AIは決まったプログラムではなく、自律的に判断できるようにある程度の自由度が持たされており、そこから意識や個性のようなものが形成されるのだろう。

 それを説明的にではなく、シチュエーションの変化と会話の流れのなかで示していくところが、小川SFの真骨頂だ。青春小説のような爽やかさでまとめあげるセンスも素晴らしい。

「ゴールデンブレッド」は、異色の宇宙SF。人類が太陽系に進出したのちの時代だとは推測できるが、語り手の知識が限定されていることもあって、読者は手探りで読んでいくしかない。語り手にして主人公の豊菓(ユタカ)は、覇権国家である山人八十島(ヤマトヤソシマ)国の従軍パイロットだ。主要航路から外れた名もなき小惑星に墜落し、そのレイクビューという村のひとびとに助けられた。近代的な豊菓の目から見ると、この村の習俗は異様だった。タタミ・マットでの日常、キモノをまとった住民、スイトンという気味の悪い食べ物。唯一の救いは、豊菓に馴染みの深いパンがこの地にもあったことだ。ただし、この村では限られた機会にしか肉を食べないようだ。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会