体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

auでんきで電気料金が一目瞭然? 賢く楽しく管理!

(au presents)
こんにちは。節約主婦のスマコです。先日ママ友同士で、冬の電気代がバカにならないという話題で盛り上がったんだけど、電気代ってなかなか節約するのが難しいのよね。最近は電力の自由化で電力会社を変える家庭も増えているようだけど、どこがいいのかさっぱり……。

タナカ:電気料金の“内訳”を把握されてますか? あっ、突然失礼しました。auショップのタナカです。ただ合計金額を見るだけでは、対策は難しいのではないかと…?

スマコ:えっ……? どういうこと?もう少し詳しく教えて!

auでんきアプリでもっと細かく“見える化”しよう!

タナカ:節約するためには、どこで電気がたくさん使われているのか、そこを細かく把握しなくては、なかなか減らせないのではないかな……と思いまして。ちなみにauでんきに加入して「auでんきアプリ」を使えば、スマートフォンやタブレット、PCから、詳しく電気料金の情報を見ることができます。

たとえば、日ごとに電気料金の推移がわかりますから、使いすぎた日なども一目瞭然。年や月、週ごとの推移もチェックできますよ。使いすぎた日があったら、その日のことを振り返れば、「エアコンを消し忘れていた」などもわかりますよね。

スマコ:ドキッ! 先日、付けっぱなしだったの言ったっけ……?

タナカ:いえいえ、そんなこともあるかな……と。それから、主要な家電製品の電気料金の推定も見ることができます。また、これらの情報は家族で共有できるんです。

スマコ:へえ! じゃあスマホで電気の使用量が一目瞭然ってわけね。それってめちゃくちゃ楽しそう。節約も面倒じゃなくなるかも?

タナカ:また、ご家族みんながチェックするのを忘れていても大丈夫です。たとえば、電気料金が5,000円を超えたタイミングなどにプッシュ通知することもできるんですよ。

タナカ:さらに、よく似たご家庭と電気料金を比較してご自宅の使い方を見直したり、アプリからスマコさんのご家庭に合った省エネ方法をアドバイスもしてくれます。

電気料の支払いでもau WALLET ポイントが貯まる

タナカ:細かなチェックだけでなく、実際にオトクになることもあるんですよ。auスマホやauひかり(ネット+電話)をご利用のお客様なら、auでんきにご加入いただくことで、電気代の最大5%をau WALLETポイントで還元します。だから、毎月どんどんポイントが貯まっていくんです。たとえば電気料金の月額は8,000円を超えてますか?

スマコ:ええ、まあ。8,000円は超えちゃってることが多いかな。

タナカ:それなら、5%にあたる400ポイント以上が毎月還元されますよ。年間にすると、1ポイント=1円として利用できるので、4,800円以上オトクということになります!

スマコ:ええーっ! 4,800円だったら、ずっと行きたかったフレンチレストランのランチコースが食べられるじゃない!!

タナカ:飲食店などで使いたいなら、「au WALLETプリペイドカード」にチャージすればMaster Card加盟店で利用できます。チャージしなくても、そのままauショップでauのご利用料金や機種変更、修理代金などに使えます。もうひとつのメリットとしては、電気料金とスマホ料金の請求書が一緒になるので、管理しやすいこともいえます。

切り替えた場合の電気料金をシミュレーションできる

スマコ:ただ、今の電力会社から変えるってことでしょ? 手続きのために書類たくさん書かなきゃダメだよね? 今の電力会社に連絡して、auショップに行けばいいの?

タナカ:いえいえ、電話だけで切り替えできることも多いんですよ。電気料金がどれくらい安くなるか、auでんきのサイトに「料金シミュレーター」があるので試してみてください。安くなるうえに、「au WALLETポイント」が貯まるので、二重にオトクだとわかっていただけるハズです。

スマコ:電気代は安くなるし、ポイントは貯まるし、電気料金が細かくチェックできるから節約しやすいし、いいところばかり!
どうして今まで黙ってたのよ! とにかく、早速シミュレーションしてみる!! ポイントの使い道はフレンチにするか、デザートビュッフェにするか、う〜ん、悩みどころね……。

こちらの記事もあわせてどうぞ
「暮らしにトクするケータイライフ」記事一覧はこちら

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy