体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

集団行動、ニューアルバムのMVトラックで齋藤里菜(Vo)が魔女に!?

2月7日(水)にリリースとなる集団行動の2ndアルバム『充分未来』に収録される4曲をつなげたMVトラックとジャケット写真が解禁となった。MVトラックでは、魔女に扮した齋藤里菜(Vo)が未来の技術とも見えるような魔法を楽曲ごとに違った方法で繰り出していくコンセプトムービーになっている。ここで使われている楽曲は、タイトル曲の「充分未来」、アルバムの最後を飾る「オシャカ」、真部脩一(Gu)と齋藤のデュエットソング「会って話そう」、至極のバラード「モンド」の4曲。デビューアルバムからさらに拡張した集団行動のサウンドを、少しだけ垣間見ることができる。
集団行動 (okmusic UP's)

また、配信アルバム予約受付もスタート。タイトル曲「充分未来」の先行配信も開始しているので、アルバムが待ちきれない人はぜひチェックしてほしい。アルバム発売日の2月7日(水)には、『集団行動の対談公演』と題した初の自主企画イベントをAwesome City Clubとの対バン型式で行ない、翌3月は大阪・東京でのワンマンツアーも決定済み。ツアーのチケット先行は、オフィシャルサイトで1月21日(日)まで受付中なので、お見逃しなく!
【矢後直規(Director) コメント】

発達しきって行き詰まりの未来感、

未来でできるようになると言われていた

魔法のようなことがすべてできるようになってしまった未来を

憐れむようなコンセプトムービーになっています。

未来という既視感を演出するために魔女というモチーフを選び、

この世の先端に行き着いてしまったような閉塞感を出すために、

何もない海辺をロケーションに選びました。

4曲の楽曲ごとに繰り出される魔法を選んでいます。

「充分未来」では火を使った魔法陣を作ります。

「オシャカ」では巨大化し夜の大地を歩きます。

「会って話そう」では魔女の手が増えて成長していきます。

「モンド」では魔女が時間を超えていきます。

想像し得る悲しい未来を楽曲とともに考えていただけたらうれしいです。
アルバム『充分未来』
2018年2月7日発売

VICL-64912/¥2,000+税

<収録曲>

01.会って話そう

02.充分未来

03.春

04.フロンティア

05.絶対零度

06.鳴り止まない

07.モンド

08.オシャカ
【「充分未来」先行配信URL】
・iTunes Store ※アルバムプレオーダー受付中

https://itunes.apple.com/jp/album/id1329857788?app=itunes&ls=1

・レコチョク

http://recochoku.jp/song/S1006270435/

・mora

http://mora.jp/package/43000005/ VE3WA-18046/

・Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/id1329857788

・LINE MUSIC

https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015a2ad8&cc=JP

・Google Play Music

https://play.google.com/music/m/Btm24yvryee6tszfyn2pplybcaq

・Spotify

http://open.spotify.com/album/5wFaFEh4BUw8RXwhBhX829

・KKBOX

http://kkbox.fm/ioKHAU
【ライブ情報】
■集団行動初の自主企画『集団行動の会談公演』

2月07日(水) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

Guest:Awesome City Club

■集団行動の単独公演『充分未来ツアー』

3月16日(金) 大阪・Music Club JANUS

3月22日(木) 東京・渋谷WWW X

<チケット>

オフィシャルサイトにてチケット先行受付実施中!

https://www.syudan.com/news-1

※1月21日(日)23:00まで

■『IMAIKE GO NOW 2018』

3月24日(土)&25日(日) ※出演日、会場未定
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。