体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneの最新情報が到着! 2019年以降のモデルはノッチが小さくなる!?

韓国のETNewsから、iPhoneに関する最新のレポートが到着した。これによると、2019年以降のモデルは、ノッチが小さくなる可能性があるという。

・正面カメラと顔面IDを組み合わせる!?

ノッチとは、TrueDepthカメラを収めるために、画面側に切り込んだ部分を指す。デザインとしては、好みが分かれるところでもあり、iPhone Xでの採用が決まったとたん、論争の的となった。現在もその議論は続いており、ノッチをカッコよく見せたい派と隠したい派に分断されている。このノッチ部分が、正面カメラと顔面IDを組み合わせることで、縮小されるかもしれない、というのが今回の情報の主旨だ。

業界内では、アップルが2019年モデルから、Face ID(顔認識機能)を強化するつもりだと、まことしやかにささやかれている。Face IDは、昨年発売されたiPhone X最大の特長だ。CMでも、そこを全面的にプッシュしている。さらなるブラッシュアップをめざす同社が着目したのが、顔認識モジュールとカメラモジュールの組み合わせ。ノッチ縮小も、その一環と目されている。

・2019年モデルに期待

ノッチ反対派にとって、これはうれしいニュースに違いない。iPhoneの先進的なデザインに惹かれている人たちから見れば、今回のノッチは、およそ本体の外観にフィットしない“悪しき部分”だからだ。ここが改善されれば、ユーザーエクスぺリエンスの向上にもつながるだろう。

来年のラインナップが楽しみだ。

souce by .macrumors.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。