体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHICCA 10周年アニバーサリー&春の新製品でフレッシュなメイクを楽しもう!

2018年、洗練された大人メイクを提案するプレステージブランド『CHICCA(キッカ)』がブランド誕生10周年を迎える。それを記念して、スイスの高級機械式ウォッチブランド『フランクミュラー』とのコラボレーションすることが話題になっているが、それぞれのアイテムはどんな使い心地なのか。今回は、それぞれの商品特徴を紹介する。

まず、最初に紹介するのは、今シーズン一番注目したい「キッカ リキッドアイライナーW」。

しなやかでコシのある太い筆とまつ毛の生え際にもしっかりラインが描ける4.7mmの極細筆のWエンドのリキッドアイライナー。ボディ部分とパッケージにはコラボレーションしている『フランクミュラー』の象徴でもあるビザン数字があしらわれている。

「リキッドアイライナーって使いこなすのが難しい…」と感じる人も多いと思うが、この「キッカ リキッドアイライナーW」のブラシはしなやかなコシと絶妙な太さで、誰でもキレイにアイラインを描くことができる優れもの。太い筆は上まぶたに、細い筆は下まぶたにとパーツごとに使いわけても便利だ。

アイラインを太めに入れる人も多いが、太く入れるよりもまつ毛の根元1本1本の間を埋めるように細くラインを引くとまつ毛エクステを付けたような雰囲気になる。

このアイライナーを使うと、マスカラをたっぷりつけなくても目もとを上品に印象的に仕上げることができ、まさに大人の上品メイクをしたい人にぴったりのアイテムとなっている。

カラーは、ほんのり青みを感じるナチュラルブラック系の「アビス」と、フェミニンな目もとを演出する赤みを帯びたブラウンブラック系の「バルサミコ」の2色(「バルサミコ」は限定色)。その日のファッションや気分に合わせて選んでもいい。

ブランドクリエイター吉川氏は、「アイラインを描く時に目尻側の三角ゾーンをキレイに仕上げると目尻側の印象が強くなり目が大きく見え、エレガントな印象に見せることができる」と、目尻側を強調するメイクを仕上げるために使いやすいテクスチャーと筆の太さにこだわって開発したという。

続いては、「キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ」。

「キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ」は、顔の中で最も視線が集まりやすく、顔の印象を大きく左右する目もと(まぶた)を、爽やかに清々しい印象に仕上げてくれるアイテム。

淡いライトカラーをまぶたにひと塗りするだけで目もとに透明感を与えてくれて、その上に重ねるアイシャドウの色を引き立てる。微細なラメが目もとを立体的に見せてくれ、パウダーアイシャドウでありながら、つけ心地は粉っぽさがなく、つやっぽいうるおった印象の目もとに早変わり。

こちらは全部で3色展開。早春の冷えた空気と赤く紅潮した肌をイメージしたピンク系の「ピンクアイリス」(写真)と、冷たい早春の水をイメージしたブルー系の「フレッシュウォーター」は限定色。「コスモペタル」は、柔らかなで温かい春の日差しをイメージしたピンクオレンジ系。いずれのパレットも濃淡グラデーションを作りやすい配色になっている。

ケースは10周年を記念した『フランクミュラー』とのコラボデザイン。限定色のアイシャドウの中身は、左側の直線的な模様が「1」を、右側の曲線的な模様が「0」を表現していて、合わせて「10」をあしらっている。布の専用袋付き。

1 2 3次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会