体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

80キロのスピードを超える高速ドローン「OOri」が誕生!価格は3万円台

近年人気が出てきているドローン。ただ飛ばしたり、空撮したりするだけでなく、最近は操作技術とスピードを競って楽しむドローンレースが熱い。

そんななか、米国サンフランシスコ拠点のドローンメーカーUVifyが世界最速をうたう新ドローン「OOri」を発表した。すでにサイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は289ドル(約3万3000円)となっている。

・手のひらサイズ

OOriは手のひらサイズのクワドロコプター。小さいながら、トップスピードは時速80キロ超にもなるという。

フロント部分にカメラを搭載し、専用コントローラーやゴーグルに映像をストリーミングするので、パイロット視点での操縦が可能だ。

・充電ステーションも別売

一般的に、空撮用のドローンに比べてレース用は操作が難しいが、OOriには高度や降下のセンサーが内蔵され、より安定したフライトとなる。

また、他のドローンと異なる点の一つに、ボディにLEDライトを搭載していることが挙げられる。気分によって好みの色にしてもいいし、チームでレースに参加するときに同じ色を灯すとう使い方もできる。

加えて、本体とは別売になるが、充電ステーションを用意しているのも気が利いている。OOriの航続時間は約6分。充電されたバッテリーを常備することで間を置かずして操作を楽しめる。

OOriの予定小売価格は389ドル(約4万4000円)なので、レース用ドローンの購入を検討している人は早めにチェックするとよさそう。

OOri/UVify

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。