体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VRの世界に連動して上下左右に動くシュミレーター「Yaw VR」はポータブル

最近、VRのヘッドギアだけでなく、それらと合わせて使えるコントローラーの開発も進んできている。それらは、実際の感触や振動、温度などを再現することで、よりリアリティを高めることを目的としている。

しかし、今回紹介するデバイス「Yaw VR」は、VRの世界の自分の身体バランスや動きそのものを再現するシュミレーターだ。さて、どんなリアリティを得られるのだろうか?

・シューティングや乗り物ゲームとの相性は抜群

この半球状のデバイスは、PlayStation VRやSamsung Gear VR、oculusといった大手VRヘッドギアと連携して使うことになる。ユーザーがこのデバイスに乗ると、VRの世界に合わせてグリグリと座席部分が上下、左右に動く仕組みだ。

それにより、身体のバランスや向きもVRの世界に合わせて動くこととなるため、ヘッドギア単体でプレイするよりリアルなVR体験が実現できる。たとえば、ジェットコースターや乗り物を使ったシューティングゲーム、レースゲームなど、動きをいかしたVRコンテンツとの相性は抜群であるはずだ。

・収納も簡単でポータブル

さらに嬉しいのが、本体は各パーツを解体して、簡単に収納/移動することができるということ。収納の際にはフットレスト、背もたれを取り外して座席部分の本体の中に入れ、あとはそれを台座にかぶせるだけだ。

直径約73cm、高さ約38cm、重さ約15キロなので、自宅やオフィスにも置けるレベルのサイズ感だろう。Yaw VRは今Kickstarterにてキャンペーンを実施しており、1台890ドル(約9万8450円)。

値段はかなりするが、本格的なVR体験にこだわる人なら試してみたい1台といえるだろう。キャンペーンは2018年2月24日まで実施されているぞ!

執筆:Doga

Yaw VR/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。