体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体温発電の時計「PowerWatch」に新作が登場!ノーティフィケーションを表示できるように

体温で発電し、充電不要ということで注目を集めたMatrix社の腕時計「PowerWatch」が発表されたのは2016年のこと。それから2年、さらに利便性が高まったバージョン「PowerWatch X」が間もなくリリースされる。

体温発電はそのままに、スマホのノーティフィケーションを表示する機能が加わった。

・プロセッサーを改良

これまでもスマホとはBluetoothで連携していて、ベーシックなフィットネストラッカーなどの機能を搭載していた。

しかし今回、プロセッサーをアップデートし、スマホに届いたノーティフィケーションを表示させられるようになった。

・249.99ドルで予約受付中

つまり、スマートウォッチの主な機能に対応しつつ、スマートウォッチのように充電する必要はないというのがPowerWatch Xのセールスポイント。

通話したりマップを表示したりという機能は別にいらない、スマホをバッグから取り出す回数を少なくしたい、という人にはうってつけのウォッチだろう。

PowerWatch Xの予定小売価格は279ドル(約3万1000円)だが、現在サイトでのプレオーダー価格は249ドル(約2万8000円)となっている。発送は間もなく始まる見込みだ。

PowerWatch X

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。