体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激怒】野菜の卸売業者がマスコミにブチギレ激怒「本当に腹が立つ」「下げ相場を狙ったかのように野菜の高値を報道する」

daikon1

青森市中央卸売市場の青果部卸売業者である「青森合同青果」が、マスコミの報道に対して激怒している。わざと消費者が遠のくような情報を報じているというのだ。以下は、青森合同青果のTwitterコメントである。

・青森合同青果のコメント
「今朝の地元紙の一面に「葉物、ダイコン高値」の記事が。タイミング最悪です。いつも不思議に思うのですが、どうして相場が下げに向かっている場面を狙ったかのように野菜の高値を報道するのでしょうか? 売り足が止まってしまいます。しかも昨年夏の安値の時は知らんぷり。本当に腹が立ちます(怒)」

今朝の地元紙の一面に「葉物、ダイコン高値」の記事が。タイミング最悪です。いつも不思議に思うのですが、どうして相場が下げに向かっている場面を狙ったかのように野菜の高値を報道するのでしょうか? 売り足が止まってしまいます。しかも昨年夏の安値の時は知らんぷり。本当に腹が立ちます(怒) pic.twitter.com/aeCDdYHoKl

— 青森合同青果 (@aomorigodo) 2018年1月14日

・そもそも市場に行かなくなる
これからようやく価格が下がり、野菜を買いやすくなる。そんな状況を狙ったかのように「野菜の高値」を報じられるのだから、ブチギレ激怒するのも仕方ない。いくら市場やスーパーで安く売っているとしても、マスコミが「高い」と報じれば、買う内容を変えてしまうこともあるだろうし、そもそも市場に行かなくなるかもしれない。

・卸売業者にとって死活問題
野菜や果物は天候により大きく相場が変化する。卸売業者にとって死活問題なだけに、青森合同青果の声が地元紙の編集部に届けばよいのだが。

aomorigodo

もっと詳しく読む: 野菜の卸売業者がマスコミにブチギレ激怒「本当に腹が立つ」「下げ相場を狙ったかのように野菜の高値を報道する」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/16/aomorigodo-gekido/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。