体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリエが体験! カスタマイズできるナイキの新しい店

マリエが体験! カスタマイズできるナイキの新しい店
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。毎週出かけたくなるような情報を紹介しています。1月13 日(土)のオンエアでは、アパレルアイテムのカスタマイズを手軽にできる「NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO(ナイキ キックス ラウンジ 表参道)」を紹介しました。

お店は、大きな窓がある明るい雰囲気の2階建路面店です。店内のウォールアートは国内外で活躍されているアーティスト・Meguru Yamaguchiさんが担当していて、BGMはサカナクション・山口一郎さんを筆頭に活動している「NF SOUND CREW」が特別制作しています。

普通のナイキの店とは異なり、アイテムはストリートカルチャーの中心地となっている表参道に合うスタイリッシュなものを厳選。担当者のチェン・珠奈さんによると、カテゴリーを問わず、ジョーダンやNike SBなど、さまざまなものを取り扱っているため、海外からも注目されているそうです。

さらに、アパレルのカスタマイゼーションやテーラリング(仕立て直し)のサービス、スニーカークリーニングも行っています。アパレルのカスタマイズに関しては、中目黒店などでも実施されていますが、 テーラリングは表参道店のみが実施しているそうです。

早速、1階でカスタマイズされた商品をチェックしたマリエは「表参道のストリートに根付いたスタイリングとカラーリング!」と感心していました。また、マリエがウエストの位置までカットオフされたジャケットを発見。このジャケットはメンズ用アイテムを短くして、ウィメンズでも着られるようにしたものだそうで、「おもしろいですね!」と興味津々でした。

続いて、2階に移動してカスタマイズに挑戦しました。マリエが選んだのはグレーのTシャツ。ロゴは21種類の中から、3つまで自由に配置して入れることができます。なかなか選べない人でも、スタッフの皆さんが相談に乗ってくれるそう。マリエは悩み続けること15分以上、胸元に「KICKS LOUNGE OMOTESANDO」ロゴ、ヴィンテージの「ナイキ」ロゴ、袖に「エアマックスくん」を入れました。番組の公式サイトで写真をご覧いただけますので、ぜひアクセスしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。