体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特製ルーと広島産のカキでいただく「カキカレー」

1月15日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、1,000円以下で楽しめる、愛情たっぷりの洋食グルメを特集したコーナーで、「KEN」(神奈川県横浜市青葉区)が紹介された。

同店は東急田園都市線の青葉台駅西口から徒歩5分ほどの場所にあり、ランチタイムの3時間だけ営業しているカレー専門店だ。

番組では、お店のメニューとして「カキカレー」(650円)が紹介された。
「カキカレー」は冬の1番人気でこの時期限定のメニュー。
このルーはフランス料理のダシであるフォンドボーを使用し玉ネギ・フルーツなどを入れて4~5日かけて煮込んだ特製のルーだ。これにかたくり粉をまぶして素揚げした広島産のカキを合わせて完成。このメニューは開店以来、28年間値上げしていないそうだ。

日比麻音子さんが「カキカレー」をいただくと「ジューシーでプリプリ!カキの香りとコクのあるルーがよく混ざり合っておいしいです。」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:KEN(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:青葉台のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カレーのお店紹介
ぐるなび検索:青葉台×カレーのお店一覧
特製デミグラスソースでいただく「フランス風ハンバーグランチ」
特製ルーと広島産のカキでいただく「カキカレー」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。