体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

贅沢!濃厚!ウニを味わいつくせるお店

1月15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、売り切れが予想される話題のグルメを目指し、東京都内を駆け巡る。その中で、2017年11月にオープンした「UNIHOLIC(ウニホリック)」(東京都港区)が紹介された。

国産のウニを中心に、世界中のウニを使った料理が楽しめることで話題の同店。人気メニューの「生ウニのせ茶碗蒸し」は、シンプルな茶碗蒸しの上にたっぷりの生ウニが乗った贅沢な一品。あまり馴染みのない「ウニの天ぷら」は、海苔で巻いた生ウニを油で揚げることおよそ30秒。海苔はサクッと、中のウニはトロッとして、絶妙な食感と味わいが楽しめるという。
今回こちらで頂くのは、当日仕入れの魚の中で最も良い魚を使った「極上ウニだしのアクアパッツァ」(3,800円)。白身魚の骨、アラ、ウニ、ツブ貝で取った自家製ダシを、両面をパリッと焼き上げた旬のイトヨリダイに合わせ、ムラサキウニとツブ貝をたっぷり投入し煮込む。仕上げにアサリ、スライスレモン、プチトマトを加えた同メニューは、その贅沢さゆえに1日限定5食となっている。
早速、博多華丸・大吉の博多華丸さん、博多大吉さん、タレントの森口博子さん、白石隼也さん、ニコルさんで頂く事に。
5人でも十分シェアできそうな大ぶりの鉄鍋で豪快に仕上がったアクアパッツァを一口頂いたニコルさんは、「んー!フワフワ!」「お魚さんがめちゃくちゃ美味しい!」とコメント。続いて華丸さんは「魚の身がしっかりしてるから、ウニの濃厚さに負けてない。」「いい勝負してる!」と絶賛。森口さんは「スープとエキスが全部優しくしみこんでて美味しい。」とコメントし、白石さんも「すごいウニの香りがしますね。」「贅沢な味ですね。」とコメントした。
ちなみに、ウニをふんだんに使った「極上ウニだしのアクアパッツァ」を確実に味わうには、18時30分頃までに来店するのがベストだという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:UNIHOLIC(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:六本木のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:六本木×洋食・西洋料理のお店一覧
特製デミグラスソースでいただく「フランス風ハンバーグランチ」
特製ルーと広島産のカキでいただく「カキカレー」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。