体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽田空港の自販機にだしスープ缶? やまやのうまだし缶スープ

羽田空港の自販機にだしスープ缶? やまやのうまだし缶スープ

 羽田空港の自動販売機で一風変わったものが販売され、ネットで話題になっていました。ということで、羽田空港に急行!訪れたのは第一ターミナルの到着ロビー。自動販売機を探すとあった!

 設置場所は、到着出口(北ウィング)10番出てすぐのところ。ぱっと見は、普通に飲料のペットボトルや缶飲料が並ぶ中、上から3段目のそこには探し求めた『やまやのうまだしスープ缶』が!

【さらに詳しい元の記事はこちら】


 そう噂になっていたのは、だし汁の缶飲料。福岡で辛子明太子を製造販売している株式会社やまやの食卓が販売しています。明太子の会社がだし汁?と思うかもしれませんが、「寒い時期だからしみわたるー」「胃に優しい」などなどネットの評判がすごくいいんです。

 缶には「国産100%厳選6種の天然だし素材使用」と書かれており、飲む前から期待が高まります。さっそく購入してみます。価格は140円。手に取ってみると、寒い冬の時期には心地よい温かさ。思わずしみじみ握りしめてしまいます。ほんわか。

 「国産100%厳選6種の天然だし素材使用」は何が入っているの?缶の側面に書いてありました。長崎産 焼きあご、枕崎産 鰹節、枕崎産 枯鯖節、熊本産 うるめ鰯節、九州産 原木栽培椎茸、北海道産 利尻昆布とのこと。こだわりのメンバーが揃っています。缶を開けてみましょう。中身は澄んだ琥珀色で、だしの香りは高く、少しさっぱりだけど甘味もある味です。これなら、何度飲んでも飽きないですね。塩味は強くありません。

 これなら、お弁当のお供にもいいですし、夜食に出汁茶漬けにも手頃に作れますね。仕事や出張帰りの疲れを癒やす、ほっこりする身体に優しい飲料となっています。九州出身の方なら、田舎を思い出されるかも。

 筆者は自宅に持って帰って味見をしたあと、冷凍ご飯をチンして、梅干しを乗せだしスープをかけてだし茶漬けとして美味しく頂きました。これがまたうまいんだ!次回羽田に行くことがあれば何個か買ってこようと思うレベル。

 やまやさんのTwitterでは、見つけた際には、#やまやのうまだしスープ缶、とつけて投稿してくださいねとつぶやいています。またこのやまやのうまだしスープ缶は、通信販売もしています。

 今回は、第一ターミナルで見つけましたが、公式サイトや公式ツイッターによると第二ターミナルにも置かれているそうなので、気になる方はぜひ探してみて下さいね。

(伊佐木零子)

関連記事リンク(外部サイト)

ニオイも再現…!?話題の『女の子の足の裏味からあげ』を食べてみた
志望校へ「ド通る」 話題のドトール受験生応援コーヒー飲んでみた
3万いいね!のバズレシピ「お餅の豆乳グラタンスープ」がとろもち超簡単!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy