体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真家・水谷太郎がアンダーカバーに密着できたワケ

写真家・水谷太郎がアンダーカバーに密着できたワケ
J-WAVEで放送中の番組「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)。1月14日(日)のオンエアでは、フォトグラファー・水谷太郎さんをゲストにお迎えしました。

水谷さんは2017年10月にアンダーカバーの作品集第2弾『Chaos / Balance』が発売されました。水谷さんは5シーズン撮影したそうで…。

「ヘアデザイナーの加茂克也さんはいるし、ファッション・コーディネーターは大塚博美さんだし…。日本を代表する方々がいる現場で最初はすっごく緊張しました。その先輩たちがガチンコで10分間のショーに向かうところに密着させてもらって」(水谷さん、以下同)

パリコレクションを訪れている秋元は、「本当に一瞬なんだけどね。ショーに全てが詰まっていると思うと、ゾワッとするよね」と、コレクションで感じる情熱について語りました。

続けて水谷さんは、「写真を撮ることを重要にさせるというか。記録すること、残す力、人に何かを伝える力を求められていると思う。写真とファッションってつくづく相性がいい」

秋元は「水谷さんとアンダーカバーの相性がとてもいい」と思ったそう。

「『単純に一緒にいれるかどうか』ってジョニオ(高橋盾)さんが、ポロッと言ってた。ジョニオさんは1人で戦ってるから、意外と一緒に休憩時間にタバコを吸って、『あれ、どうかな』って相談できる相手もいなかったりするから。『すごくキレイでしたよ』って言うと、『そっか、じゃあ、そうしようかな』って言ったりして(笑)」

ひとつのショーが作られていく現場に密着できたことについて、水谷さんは「とても貴重な経験をさせてもらいました。しかも本にまでなって。この時代に本で残していくっていう力をちゃんと信じているから、やりがいがありますよね」と話しました。

水谷さんが心ふるえた瞬間を切り取った『Chaos / Balance』、みなさんもぜひご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CHINTAI TOKYO DISTRICT」
放送日時:毎週日曜 12時−12時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/district/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会