体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界が注目する「セロテープアート(R)」誕生!

世界が注目する「セロテープアート(R)」誕生!
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。海外に伝えたい、日本・東京の旬の話題にフォーカスしていきます。1月14日(日)のオンエアでは、世界でひとりのセロテープアート(R)作家・瀬畑亮さんをお迎えしました。

瀬畑さんは、2008年に練馬区立美術館で個展デビューを果たし、新しい形のコーポレートアートを立ち上げたパイオニアとして、全国の公立館での展覧会を開催。世界各国で多数のメディアに取り上げられています。

「セロテープアート(R)」とは、その名の通りセロテープだけで作る作品。なかには1〜2メートルを超える大きなものもあるそうで、そうした作品は年単位で制作しているとのこと。表面はツルツルしていて、触っても凹凸がありません。色がついている部分は、薄い色がついた特注のカラーセロテープを使用しているそうです。

瀬畑さんがセロテープにハマったきっかけは、子どもの頃に見た教育番組だそうで、セロテープを丸めて小さな固まりができる面白さに気づいたと言います。また、瀬畑さんは粘土遊びも好きだったそうですが、セロテープは粘土と違って崩れないという点が、子どもながらに衝撃的だったそうで、その頃から動物やキャラクターをセロテープで作って遊ぶようになったのだとか。

瀬畑さんはアーティスト活動20周年、セロテープ誕生70周年ということもあり、1月20日(土)まで、ヒデハル フカサク ギャラリー 六本木にて「瀬畑 亮 セロテープアート(R)展 2018 in 六本木」を開催しています。

瀬畑さんは、6年以上毎日休まずブログ「セロテープアート(R)日記」を書いているそうなので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy