体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

清春、ライブ会場限定シングル「赤の永遠/罪滅ぼし野ばら」の詳細解禁

2017年12月にTRIADレーベル移籍第一弾としてリズムレスアルバム『エレジー』をリリースした清春が、2018年2月14日発売予定のアルバム『夜、カルメンの詩集』 に先駆けてリリースするライブ会場限定シングル「赤の永遠/罪滅ぼし野ばら」の詳細を発表した。
清春 (okmusic UP's)

収録内容は、アルバム『夜、カルメンの詩集』のリード曲「赤の永遠(とわ)」と、本シングルのみに収録される「罪滅ぼし野ばら」の2曲。「赤の永遠」は、フラメンコ・ギターの国内第一人者、沖仁のライブ・サポートを長く務めるギタリスト智詠(ちえい)を起用した楽曲で、近作で見られるスパニッシュ要素を全面に反映させ、伸びやかなフラメンコ・ギターの音色に、清春のボーカリゼーションが艶やかに絡む仕上がりだ。アルバム未収録となる「罪滅ぼし野ばら」は、スガシカオや稲葉浩志のライブ・サポートを務める俊英ギタリスト、Duranを起用したミドル・チューン。リズム・セクションには清春諸作に長く関わる沖山優司(ベース)、Katsuma(ドラム・coldrain)他を起用し、豊穣なグルーブを描いている。

シングル「赤の永遠/罪滅ぼし野ばら」は、2月9日(金)に開催される『KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY』の会場・岐阜club-Gにて販売が開始される。また、真紅の薔薇のグラフィックが印象的なジャケットアートワークは、sadsのベーシストであるYUTAROによって作り上げられた妖艶な雰囲気が漂っている。ぜひライブに足を運んでゲットしてほしい。
シングル「赤の永遠/罪滅ぼし野ばら」
2018年2月9日よりライブ会場にて販売予定

価格:¥1,000(税込)
アルバム『夜、カルメンの詩集』
2018年2月14日発売予定

【初回盤】(2CD+DVD)

COZP-1411-1413/¥5,000+税

※完全初回生産限定

【通常盤】(CDのみ)

COCP-40251/¥3,000+税
【ライブ情報】
■『KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY』

2月09日(金)  岐阜club-G

■KIYOHARU TOUR 天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』

2月23日(金) 大阪・BIGCAT

2月24日(土) 石川・金沢EIGHT HALL

3月02日(金) 宮城・仙台Rensa

3月16日(金) 京都・KYOTO MUSE

3月17日(土) 京都・KYOTO MUSE

3月21日(水・祝) 千葉・柏PALOOZA

3月24日(土) 長野・CLUB JUNK BOX

3月31日(土) 北海道・札幌PENNY LANE24

4月07日(土) 青森・Quarter

4月08日(日) 岩手・盛岡Club Change Wave

4月13日(金) 愛知・名古屋 BOTTOM LINE

4月14日(土) 静岡・Live House 浜松窓枠

4月28日(土) 鹿児島・CAPARVO HALL

4月29日(日) 長崎・DRUM Be-7

5月03日(木・祝) 東京・EX THEATER ROPPONGI
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。