体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猛スピードで発展するマレーシア・ジョホールバル

猛スピードで発展するマレーシア・ジョホールバル
J-WAVEで放送中の番組「RINREI SOMEWHERE IN ASIA」。この番組では、アジアの片隅への旅を、女優・金沢雅美が演じる旅人ヤーメイのモノローグで巡ります。1月12日(金)のオンエアでは、発展中のマレーシアの都市・ジョホールバルを取り上げました。

シンガポールから橋を渡ってマレーシアへ。国の違いを最初に感じるのは、英語からマレー語に変わる道路標識の違いかもしれません。「亀」は「クラクラ」、「蝶々」は「ラマラマ」、「散歩」は「ジャランジャラン」と、マレー語の語感は響きに特徴があり覚えやすく、マレーシア、ブルネイ、シンガポールのナショナルランゲージとして東南アジアのつながりを感じる言葉なのです。

マレー半島の最南端、シンガポールと国境を接するジョホール州では、大規模な開発が進んでいます。香港、シンガポールに次いでアジア第3の経済ハブを目指すイスカンダル・プロジェクトは、国内外の企業、金融センター、高級住宅地、レジャー施設、さらに海外の大学や研究機関などが誘致されています。

新築のコンドミニアム広告には、マレー語、中国語、英語が記されており、多民族国家らしく複数の言語が並び、街の至るところに「ワン・マレーシア」(一つのマレーシア)というスローガンが掲げられています。日本のおよそ9割の国土が13州で構成され、127の民俗が暮らすマレーシアは、驚くようなスピードで発展する国です。

オンエアでは、Haqiem Rusli「Jatuh Bangun (feat. Amen Ra)」、Amira Othman「Jaga-jaga」、Joe Flizzow, Altimet, SonaOne & Faizal Tahir「Negaraku」など、マレーシアのポップスが番組の雰囲気を盛り立てました!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RINREI SOMEWHERE IN ASIA」
放送日時:毎週金曜 24時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/inasia/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会