体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最強】イケメンすぎる庭師・村雨辰剛さんが凄すぎると大絶賛 / 日本中から絶大な支持

tatsumasa-murasame

庭師であり、強靭な肉体美を持つ人物として知られている村雨辰剛さん(29歳)が、大きな注目を浴びている。彼の日本や植物に対する「愛」は尋常ではなく、表面だけではない内面も追求する男として絶大な支持を得ているのだ。

・ワビサビを感じるのは茶庭
彼の庭師としてのソウルは本物で、「庭師として日本古来から発達してきた美意識と関わって仕事ができるのがいちばんの魅力」「いちばんワビサビを感じるのは茶庭」とその良さと奥深さを語る。

tatsumasa-murasame6
tatsumasa-murasame5
tatsumasa-murasame4
tatsumasa-murasame3
tatsumasa-murasame2
tatsumasa-murasame1

関東に来ても仕事納めは門松設置。
関東の門松は質素で中部地方とまた違う良さがあります。比較のために今まで中部地方で作って来た門松ものせます。
🎍良いお年をお迎えください!🎍pic.twitter.com/Si1qUS7iRH

— Tatsumasa Murasame (@MurasameTatsu) 2017年12月29日

A fine day. I’d like to prune these pines someday.
頭の中は
「江戸城付近の松を手入れしたい」でした。🏯🍃
・・#japan #edo #tokyo pic.twitter.com/xQNG68RvVK

— Tatsumasa Murasame (@MurasameTatsu) 2017年11月10日

自分の一票を投じました。
Cast my vote in the Japanese House of Representatives Election 2017. pic.twitter.com/XWLKhashN2

— Tatsumasa Murasame (@MurasameTatsu) 2017年10月17日

Pine trees, Yukimi lantern and Coffee.
今日の現場は #日本庭園 pic.twitter.com/xdBOKIjomc

— Tatsumasa Murasame (@MurasameTatsu) 2017年9月12日

いい事ありそう。🍀pic.twitter.com/F50Vr28BlF

— Tatsumasa Murasame (@MurasameTatsu) 2017年6月5日

・2015年に日本に帰化
もともと村雨辰剛さんは北欧のスウェーデン生まれ(1988年7月25日)で、名前はヤコブ・セバスティアン・ビヨーク。2015年に日本に帰化した際に、名前を漢字の村雨辰剛とした。日本語が堪能で、自身の公式Twitterでも上手な日本語で投稿している。

・ルックスもイケメンだ
彼の庭師としての腕前が一流なのは言うまでもないが、美しい筋肉を追求した肉体も大きな注目を集めており、村雨辰剛さん自身も日々の鍛錬の結果を写真付きでTwitterに投稿し、披露している。こんな身も心もイケメンすぎる庭師が家にやってきたら感動してしまうかもしれない。もちろんルックスもイケメンだ。

もっと詳しく読む: イケメンすぎる庭師・村雨辰剛さんが凄すぎると大絶賛 / 日本中から絶大な支持(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/15/tatsumasa-murasame/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy