体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とろとろ餡とコーンの甘さ引き立つ「もろこしうどん」

1月12日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、現在の東海道を巡って新名物を探す旅の中で、「大正庵釜春・新安城店」(愛知県安城市)が紹介された。同店は、名鉄名古屋本線新安城駅から徒歩17分ほどにある釜揚げうどんのお店だ。

ご当地の名物うどんとして紹介された「もろこしうどん」(850円)は、コシのある特製の手打ちの釜揚げうどんを使い、その上にスイートコーンをたっぷりと乗せ、最後に片栗粉でとろみを付けた醤油ベースの出汁に溶き玉子を落とし込んだとろとろの餡をたっぷりと掛けて完成だ。うどんが運ばれてくると「うわー!美味しそう!」「たっぷりじゃん」「めちゃくちゃ美味しそう」と、そのビジュアルに大歓声を上げた。最初にいただいた浜口京子さんは「美味しい!とうもろこしのプチプチした食感が、うどんのシコシコっとした、モチモチで・・・」とコメント。続いて江上敬子さんもいただき「お出汁がめちゃめちゃ美味しいですね。お出汁にとうもろこしの甘みが加わって最高!」と、こちらも大絶賛だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:大正庵釜春 新安城店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:安城のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:安城×和食のお店一覧
ジューシーな鹿肉が味わえる「シカ肉のロースト」
老舗そば店の「せいろうそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会