体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ふっくらしていて柔らかい「うな重(竹)」

1月14日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、神奈川県小田原市を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「鳥かつ楼」(神奈川県小田原市)が紹介された。

同店は、伊豆箱根鉄道大雄山線の小田原駅東口から徒歩12分ほどの場所にあるうなぎ店だ。

番組では、お店のメニューとして「うな重(竹)」(3,700円/税別)を紹介。
「うな重(竹)」はうなぎを15分間まんべんなく焼いていき、40分かけてじっくりと蒸す。こうすることで余計な脂を落としふっくら柔らかい仕上がりになるそうだ。その後、辛口のタレを付け10分焼いて完成だ。

日村勇紀さんが「うな重(竹)」をいただくと「うわぁやっべ美味ぇ。おいスゴいぞ、おい!スゴいぞ。おーい!ふわっふわ。信じられないくらいふわっふわ。うなぎがギリギリ形を保っていて、ちょっとでも持ち上げるのを失敗したらパラパラパラと落ちてしまうほどふわっふわ」と笑顔でコメントし、完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鳥かつ楼(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:小田原・南足柄のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:小田原・南足柄×和食のお店一覧
ジューシーな鹿肉が味わえる「シカ肉のロースト」
老舗そば店の「せいろうそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。