体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最終面接前にかかってきた関取花“運命の電話”とは…

最終面接前にかかってきた関取花“運命の電話”とは…
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「MARTIN GUITAR SOUND HOLE UNIVERSE」。1月のマンスリーナビゲーターは、シンガーソングライター・関取花さんです。1月12日(金)のオンエアでは、音楽活動を始めたきっかけについて話しました。

関取さんは、2009年に開催された、とある大会で審査員特別賞を受賞したことがきっかけで、2010年にミニアルバム「THE」をリリースしました。全国ツアーを行ったものの、当時大学生だった関取は、音楽で生活していこうと思っていなかったため、ツアーが終わった時点で音楽活動を辞めることを決意。

その後、就職活動中に、関取さんが演奏をしている映像をネットで見た人から「関西にある神戸女子大学のCMソングを書きおろしませんか」という依頼の電話がかかってきたそう。ちょうどその日は、とある会社の最終面接があり、会場に1時間早く着いた時でした。「締め切りまで日にちがないけど、やりますか?」と言われ、最終面接を受ける会社にはそれほど興味がなかったため、最終面接を受けずに、帰宅してすぐ曲作りに取り掛かったとか。そのCMソングが採用され、さまざまな人と繋がることができ、今に至ると関取さんは話します。

また、関取さんが出場した大会には、現在のOKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんが、当時「ズットズレテルズ」として出演していたほか、GLIM SPANKY、古舘佑太郎さんも出演していたそう。関取さんは、「一度音楽を辞めてしまったため、この先会わないのかな」と思っていたそうですが、「対バンしたり、ハマくんにレコーディング参加してもらったりしました。あのまま就職活動を続けてたら終わってたのかと思うと、やっぱり音楽をやってて良かったと思いました。これからも、そういうきっかけがどんどん繋がって、いろんな思い出を作って、いい酒を飲みたいっスよねぇ〜(笑)」と語りました。

今回の放送では「神戸女子大学」のCMソングとなった「むすめ」の弾き語りを披露しました。次回(19日)の放送も、どうぞ、お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会