体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大宮エリー「本の中を歩くような展覧会に…」

大宮エリー「本の中を歩くような展覧会に…」
J-WAVEで放送中の番組「INNOVATION WORLD」(ナビゲーター:川田十夢)。1 月12日(金)のオンエアでは、作家、演出家、画家など、さまざまな分野で活躍する大宮エリーさんをゲストにお迎えし、「現代アートのイノベーション」をテーマにお届けしました。

大宮さんは2017年に美術館で展覧会をおこない、その展覧会の本をグルーヴィジョンズ・伊藤弘さんに作ってもらったそうで、「私はその展覧会で、すごくいっぱい言葉を展示したんです。でも伊藤さんからは、『こんな長い言葉、絶対に読まないよ』って言われたんです。だけど、その時に初めて伊藤さんに『私、言葉を全部展示する』って反発して」と、裏話をしました。

結果、来場者は展示作品の言葉を読んでくれたそうで、大宮さんは、それが展示のイノベーションだったと話します。

「体験型の展示にしているからこそ、言葉を読むんだよね。読むというより、ドアを明けた瞬間に詩が書いてあると、人はそこで自分なりに言葉を拾って編集するんだと思う。そんな本の中を歩くような展覧会にしたんだよね」(大宮さん、以下同)

そんな大宮さんの思いが詰まった展覧会は、「新しかった」と評価してもらえたそうです。

「どんどんテクノロジー化される世の中で、その技術は使うけど、心の温かさが感じられることも必要だ」と話す大宮さんは、ライブペインティングもされているそうで…。

「原田郁子ちゃんとやったときは、曲を聴いて『虹だな』って思ったけど、そのまま虹を描いたら終わりだから。まず、海の話をしていたから海の絵を描いて、その後に『誰かを思う』って歌ったから、空を曇天にしていって、そこに虹をぶわーっと描く」

それに対して「そのライブペインティングって、完全に物語だよね」と川田が話すと、「そうなんですよ。脚本をやっていたから、そういうことができたんだなって思って」と、さまざまな才能を持つ大宮さんだからこそできるエンターテインメントな世界について、たっぷりと話してくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「INNOVATION WORLD」
放送日時:毎週金曜日22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。