体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】平均年齢20歳の東大発企業!ライブコマースアプリ「PinQul」、ヒットの秘訣は「一切嘘をつかない」

チームの平均年齢は、20歳。2017年5月に設立されたばかりのFlattは、東京大学の学生を中心に構成された、新進気鋭のスタートアップだ。

彼らが手がけるのは、ライブコマースアプリ「PinQul(ピンクル)」。デザイナーは、人気インスタグラマーなど、SNSで活躍するインフルエンサーたち。彼女たちが紹介する最新流行のアイテムを、ライブを見ながらその場で購入できるという、新感覚のファッションアプリだ。昨年11月に立ち上げたオリジナルブランド、「P.Q. by PinQul」も大好評。わずか1か月で、数百万円の売り上げを達成している。

若い世代の感覚を的確に捉えた戦略が、絶好調の同社。成功の秘訣は、どこにあるのだろうか。Chief Creative Officer の豊田 恵二郎(とよだ けいじろう)氏に、話を聞いた。

・インフルエンサー一人ひとりの“好き”をブランド化

Q1:まずはさかのぼって、「PinQul」アプリ立ち上げのきっかけから、お聞かせください。

そもそもFlattの起業は、弊社代表である井手の、「日本を変えたい」という思いからきています。事業案はいくつかあったのですが、井手ともう一人のメンバー(現在は北京大学に留学中)が中国に行った際、その先進性とライブ配信サービスの流行に衝撃を受け、ライブコマースに決定したという経緯があります。

リサーチの結果、若い女性向けのアパレル商材を取り扱うことになりました。そこから3か月ほどのデザイン/開発期間を経て、昨年9月に、「PinQul」が完成した次第です。

Q2:オリジナルブランド「P.Q.」について、お伺いします。従来のアパレルブランドとの決定的な違い(差別化ポイント)は、どこにあるのでしょうか。

「P.Q.」は、誰か個人のブランドというわけではありません。例えて言うなら、ブランドの集合体のようなものです。インフルエンサー一人ひとりが、「自分の『好き』をカタチにする」をコンセプトに、思い思いに服やアクセサリーをデザインし、それを「P.Q.」ブランドで商品化しています。

差別化のポイントは、(中略)「一切うそをついていない」ところです。ライブはリッチな情報量を伝えられる反面、うそが許されません。リッチな情報量とインタラクティブ性を持つがゆえに、すぐバレてしまうからです。

ライブコマース販売を前提にしている「P.Q.」では、ODMメーカーのデザイナーと複数にわたって打ち合わせをし、サンプル品への修正も繰り返しています。そうした丁寧な作業を経て、インフルエンサーの好きをカタチにした商品が完成するのです。商品にストーリーがあり、それをライブコマースで最大限伝えられる。それこそ、「P.Q.」の強みと言えるでしょう。

・次のステップへ向けて準備中!?

Q3:ブランドの購入層は、どんな人たちなのでしょうか。また、購入者からの反響はいかがなものでしょうか。

想定ターゲットどおり、やはり若い女性が多いです。メインは、10代後半〜20代中盤といった感じですね。インスタグラムを使いこなしている世代であるとも言えます。

また、これはライブコマースならではですが、お客さま一人あたりの単価とCVRが、異様に高いのが特長です。約1万2000円の商品が、30分で43着売れることもあります。若い女性がターゲットでありながら、高い単価を実現しているのです。

反響も、うれしいものが多いですね。買ってくれたユーザーさんがハッシュタグ付きで投稿してくれたり、クリスマスのディズニーランドへ、買った服を着て行ってくれたりしています。

Q4:こうしたオリジナルブランドは、これからも立ち上げていくのでしょうか。サービス全体の今後の展開と併せて、教えてください。

ライブコマース×プライベートブランドは、これからも「P.Q.」の商品製作同様、継続していきたいと思っています。しかし、それ単体では、日本を動かすほどの大きなビジネスにはなり得ません。僕らにとって、「P.Q.」は着地点ではなく、次のステップへの布石です。

以後の戦略は、ここでお話しすることはできませんが、いずれまた、面白いご報告ができるかと思います。

気になる形で終わった取材。豊田氏の言う次のステップとは、どんなものなのだろうか。今後の動きに注目したい。(取材・文 乾 雅美)

PinQul

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。