体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんの排泄をワンプッシュで記録するボタン「うんこボタン」が地味に便利

赤ちゃんの排泄をワンプッシュで記録するボタン「うんこボタン」が地味に便利

小さな赤ちゃんをもつ親にとって、排泄記録は重要。排泄物は、言葉を話せない赤ちゃんの健康のバロメーターのようなもので、排泄の回数や排泄物の様子から健康状態を把握することもある。

そのため最近はスマホのメモなどで排泄物を記録している親も多いかもしれないが、オムツの取り替えをしているときにその作業はなかなか簡単ではない。今回は、そんなときに助かるアイテム「うんこボタン」を紹介しよう。

・ワンプッシュで記録を残せる

うんこボタンは、押すだけで大と小の排泄日時をスマホのアプリ上に記録してくれるだけのIoTデバイスだ。Wi-Fi環境があればどこででも利用することができる。

そう、ただ左右どちらかのボタンを押すだけだ。IoTデバイスは、機能が多いと操作自体が面倒になりがちなので、ここまでシンプルになってくれた方がむしろ使いやすいのではないだろうか?

メモを残したいときには別途アプリ上から手入力することとなる。

・家族にも自動で共有

子育てを1人でするのは大変だ。排泄状況を家族みんなに共有して、みんなで子育てに取り組む環境を構築したい。ご安心を。指定したLINEのグループチャットを紐付ければ、ボタンを押すと自動で排泄記録が共有される仕組みだ。

本体は単4電池2本で動き、アルカリ電池なら1日平均10回の利用で約9ヶ月動くそうだ。ある意味、子供が赤ちゃんの頃にしか使わない、1回きりのデバイスと言えるかもしれないが、これで子育ての手間が少しでも軽減できるのであれば、価値のあるものだろう。

うんこボタンは現在Makuakeで資金調達中で、今なら税込2880円で出資注文ができる。2018年4月頃の発送を予定しているぞ。赤ちゃんをもつ親はチェックしてみては?

執筆:Doga

うんこボタン/Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。