体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自走で付いてくるスマートスーツケース「Puppy 1」はセグウェイ技術を活用

デジタル・IT
中国のスーツケースメーカー90 Funは、自走可能なスマートスーツケース「Puppy 1」を発表した。二輪にもかかわらずセルフバランス式で、持ち主の後を自動追従するというもの。

米国ラスベガスで開かれる国際家電見本市(CES)2018でお披露目され、今年後半にも発売する。

・二輪でも倒れない!

自動で追いかけてくるスマートスーツケースはこれが初めてではないが、Puppy 1の特徴は二輪であること。キャスターが付いたスーツケースを思い浮かべてもらえばわかるが、四輪でなければ通常スーツケースは倒れてしまう。

しかしPuppy 1は、二輪でも自動でバランスをとり、追従する。これは、戦略パートナーであるセグウェイの技術によるものだ。

90 Funによると、セルフバランス式の自動追従スーツケースとしては世界初なのだという。

・リモート操作にも対応

このスマートスーツケースはチップを活用して持ち主の後を自動で追従するとのことだが、一応ハンドルもついている。また、リモートコントロールにも対応する。

公開された写真を見ると、機内などへの持ち込みも可能なキャリーのようだが、サイズや作動時間、価格など詳細については明らかになっていない。

旅行時は往々にして両手がふさがってしまうことが多い。スーツケースを持たないで済むのであれば、より身軽に旅を楽しむことができそうだ。

90 Fun

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会