ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

現代美術の巨匠ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』、2年ぶり10度目の開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1801141
《Abstract Painting (946-4)》

2016, oil on canvas, 40 x 50 cm

(c) Gerhard Richter, courtesy WAKO WORKS OF ART

ゲルハルト・リヒターの個展『Painting 1992‒2017』が、東京・六本木のワコウ・ワークス・オブ・アートにて開催中。会期は、2018年1月31日(水)まで。
ゲルハルト・リヒターは、1932年にドイツ・ドレスデンで生まれた画家。色見本のような絵画「カラー・チャート」や、様々な写真の上に油彩やエナメルで描く手法「オーバー・ペインテッド・フォト」を用いた作品シリーズ、何層にも色を重ねた抽象画などを発表している。

本展は、ワコウ・ワークス・オブ・アートの開廊25周年展として開催。1992年から2017年までの作品を、リヒター自らが展示構成して紹介する。
世界初公開となる油彩画5点、2016年から今年にかけて制作された最新の油彩画5点をはじめ、「オーバー・ペインテッド・フォト」の作品も展示。
開催にあわせて『Painting 1992‒2017』展の全出品作品と、これまでに国内で発表されてきた代表作約70点をカラーで掲載したカタログ『ゲルハルト・リヒター Painting 1992‒2017』、ディートマー・エルガーによるリヒター公認の評伝『評伝 ゲルハルト・リヒター』も刊行された。

ついに「自由になった」(評伝より)と語るリヒターの創造と革新の歴史を、画廊25年間の歩みと重ね合わせて楽しみたい。

ゲルハルト・リヒター
『Painting 1992‒2017』
2017年12月16日(土)~2018年1月31日(水)

会場:東京都 六本木 ワコウ・ワークス・オブ・アート

時間:11:00~19:00

休廊日:日、月曜、祝日

料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。