体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メリル・ストリープ、自身のオスカー候補作品をいくつ言えるか挑戦するも大苦戦!?【映像】

エンタメ
メリル・ストリープ、自身のオスカー候補作品をいくつ言えるか挑戦するも大苦戦!?【映像】

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018年3月30日に日本公開予定)に出演しているメリル・ストリープは、アカデミー賞に20回もノミネートされたという記録を持っている。先日、ジミー・キンメルがストリープに、自身のノミネート作品を60秒以内にいくつ答えられるかというクイズを出した。

https://www.youtube.com/watch?v=0RxhuBwCwMs

昨年のアカデミー賞授賞式のホストを務めたキンメルのトーク番組で、スリープは自信満々に、『フランス軍中尉の女』、『クレイマー、クレイマー』(1980年に主演女優賞受賞)、『シルクウッド』、『ソフィーの選択』(1983年に主演女優賞受賞)とタイトルを挙げていった。そのあとはなかなか出てこなかったが、なんとか『愛と哀しみの果て』の名前を出した。

1989年公開の『A Cry in the Dark』(原題)の名前を挙げたが、キンメルに「違う」と言われるストリープ。「ホントに? なんで? 私、襲われたのよ!」と笑いを誘った。

実際は、ストリープのほうが正しかったようだ。『A Cry in the Dark』は『Evil Angels』(原題)というタイトルで元々公開され、彼女はこの作品で主演女優賞にノミネートされていた。結果は、同作品を含めたとしても6つのみであった。しかし、ストリープほどオスカーにノミネートされている人物なら、無理もないのかもしれない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想
マーゴット・ロビー、ハネムーン中に起きた驚きのエピソードを披露
ジェニファー・ローレンス、「美しい」半顔メイクを公開!
ヒュー・ジャックマン、ゴールデングローブ賞を逃した時の表情がネットで格好のネタに
メーガン・マークル、エリザベス女王にユニークなプレゼントを贈って笑いを誘う

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会