体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Bentham、“2018年1番初めに聴いた曲”が意外?

エンタメ

Bentham、“2018年1番初めに聴いた曲”が意外?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。1月11日のオンエアでは、いつものようにリスナーからのメッセージに答えました。

紹介したのは、「Benthamメンバーの『2018年、1番初めに聴いた曲』はなんでしたか?」という質問。

まずは辻が聴いた曲から!

:俺は、年が明けて朝まで飲んで、少し仮眠をとってから実家の和歌山に帰ったんだよね。その移動中って、普段は音楽を聴くんだけど、今回は聴かなかったんだよ。
鈴木:寝てただけじゃなくて?(笑)。
:朝まで飲んでたからね(笑)。それで、実家帰って、家族で車に乗った時に選んだ曲が、イーグルスの「Peaceful Easy Feeling」でした。
鈴木:辻家のテーマソング?
:それは「Take It Easy」ね、イーグルス違いだけど(笑)。正月は晴れてたし、明るくてウキウキするような曲が流したくて、選曲したんだよね。

続いて、小関の聴いた曲を紹介!

小関:僕は、シンディ・ローパーの「Time After Time」ですね。
一同:おおー、これもシブめだね(笑)。
小関:なんか聴きたくなって。これ名曲じゃないですか。日々、曲を作ってるから、「名曲作りたいな」って思って、意識して聴きましたね。

続いては鈴木!

鈴木:僕は、年越し前に「COUNTDOWN JAPAN 17/18」でサンボマスターを観に行ってたの。そのライブが終わった後に流れた、カーティス・メイフィールドの「Move On Up」って曲を、元旦くらいに聴いたかな。
:サンボマスターのライブもよかったの?
鈴木:ライブで泣いた。最後にカーティス・メイフィールドの曲がかかってる時に、写真撮るサンボマスターがカッコよすぎて、聴きたくなったの。

最後は須田が聴いた曲を紹介!

須田:僕は、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」ですね。
:えっ、Decemberが終わってJanuaryになった瞬間、「September」聴いたの(笑)。
一同:(笑)。
須田:これは、僕のなかで始まった感が出る曲で、いつも聴きたくなる時がくるんですよ。
:分かる、名曲だからね!
須田:よし、頑張ろう! っていうか、ハッピーになれるんだよね。

と、メンバーは年明けにクラシックな名曲を聴いていたようです! 紹介した4曲、ぜひ聴いてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会