体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本でも合法!公道を走れる国産折りたたみ式電動バイク「Cute-mL」

デジタル・IT
クラウドファンディングサイトkibidangoに、折りたたみ式電動バイク「Cute-mL(キュート・エムエル)」が登場。日本の道路運送車両法に準拠しているため、公道走行もOKだという。

・町のチョイ乗りからレジャーのおともまで

町中のチョイ乗りにぴったりの本品。重量は、たったの22キログラム。通常の原付バイクの4分の1の重さだ。折りたたんだときの幅は、わずか30センチメートル。自動車のトランクにもすっぽりとおさまるので、アウトドアレジャーのおともにももってこいだ。

これだけコンパクトだと、特別な保管場所も必要ない。スタンドで自立するため、玄関の隅に置いておける。よけいなコストをかけずに維持できるのも、うれしいところだ。充電は、USB電源ポートから。スマホなどの端末充電にも、利用可能。外出先での緊急事態にも、役立ちそうだ。

・早期割引価格は破格の9万円台!

開発元は山梨を拠点に、15年以上電動バイク・電動バイクの製造卸・販売を行っているアクセス。ここ数年、日本の車両法をクリアしていない海外製の折りたたみ式電動バイクが、市場に多く出回っていることから、製造を決意。誰もが安心して乗れるように、購入後のメンテナンスや、パーツ・バッテリー交換にも応じる姿勢だ。

現段階で、サポーターは330人を突破。資金は、必要額の2倍近くまで上っている。プロジェクトでの特別提供価格は、9万5000円。2台セットなら18万円と、さらにお得だ。オーダー受け付けは、1月30日まで。申し込みは、早目が吉。

Cute-mL/kibidango

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会