体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

負荷を正確に把握!筋肉中の酸素量を測定するウェアラブルデバイス「Humon Hex」

デジタル・IT
スポーツを真剣にやる人にとって、毎日のトレーニングは欠かせない。その際、体にどれくらい負荷をかけるかが重要になってくる。

その負荷量の目安となる、筋肉中の酸素量(SmO2)をリアルタイムに測定するウェアラブルデバイスが、Humon社の「Hex」だ。

・負荷を正確に把握

運動する人の状態やトレーニングの負荷を知るための指標としては心拍がある。主に疲労度合いを推察できるが、SmO2の測定では運動の強度がわかる。

平たくいえば、負荷のかかり方がわかる。例えば、同じ重さのバーベルを持ち上げるにしても、筋肉ムキムキの人とそうでない人とでは負荷の程度は異なってくる。

つまり、運動が適当な強度なのか、負荷がかかり過ぎていないかを科学的に判断でき、これを知ることでパフォーマンスの向上が期待できる。

・近赤外光で測定

Hexは、アスリートが太ももなどにつけて使用する。デバイスから近赤外光が出て、筋肉中のヘモグロビン飽和量を測定する。

データはBluetoothでスマホなどの端末のアプリに送信され、そこでSmO2が算出されるという仕組みだ。

Hexは現在、サイトでプレオーダーを受付中で、価格は275ドル(約3万1000円)。2月末にも発送が始まる見込みだ。

Humon Hex

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会