体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリストファー・ネメスの娘、ルイ・ネメスの作品展「Portraits」開催

1801136

アーティストのルイ・ネメスによる個展「Portraits」が、東京・東麻布のCale / Field Sewing Tokyoにて開催中。会期は2018年1月21日まで。

クリストファー・ネメスの娘にあたるルイ・ネメスは、1987年東京都生まれ。セントラル・セント・マーチンズでファインアートを専攻し、2010年の卒業と同時に東ロンドンのショップ兼ギャラリースペース「Primitive London」を共同設立してさまざまなアーティストやデザイナーとコラボレーションしてきた。

2014年には拠点を東京に移し、実父であるクリストファー・ネメスのファッションレーベルを家族と共に受け継いでいる。2016年からアート活動を本格的に再開し、2016年には初の個展「Oil On Paper」を開いた。

新作5点が展示される本展で展示されるペインティング作品は、新作5点。
前回とは全く異なるシリーズで、連続する色と形の関係性を追求している。
タイトルの「Portraits」は、複数の人物の肖像画を指す言葉だが、特定の人物を想像して描かれたものではなく、意識的なものと偶発的で付随的なものがある類似した筆の動きで描かれた色や形、それら全てが持つ固有の個性をポートレートとして表現したという。

Portraits

会期:2017年12月22日〜2018年1月21日
※会期中は月曜定休

時間:12:00〜20:00

会場:Cale / Field Sewing Tokyo

住所:東京都港区東麻布3-4-6 1F

電話番号:03-6441-3661

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。