体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】機動戦士Zガンダムの主題歌には原曲が存在する / 男性歌手ニール・セダカ氏が歌う楽曲

z-gundam

ガンダムオタクやガンダムマニア、またはガンダムリークの間では当然知られている事実だが、知らない人が多いようなので改めてお伝えしたい。

・2曲に原曲が存在する
人気テレビアニメーション「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマとエンディングテーマには計3曲の楽曲が使用されており、そのすべてが男性歌手ニール・セダカ氏が作曲したもので、そのうち2曲に原曲が存在する。

・原曲はニール・セダカ氏が歌っている
鮎川麻弥が歌う「Ζ・刻をこえて」(BETTER DAYS ARE COMING)と、「星空のBelieve」(BAD AND BEAUTIFUL)である。どちらも原曲はニール・セダカ氏が歌っており、それを改めて「機動戦士Zガンダム」用にアレンジ。鮎川麻弥が歌う作品として放映した。

・違いを聴き比べ可能
森口博子の「水の星へ愛をこめて」(FOR US TO DECIDE)はニール・セダカ氏が作曲したものの、「機動戦士Zガンダム」のために書き下ろしされたものであり、完全なるガンダムオリジナル版。現在「」はネットフリックすやAmazonプライムビデオで視聴できるので、違いを聴き比べるのも楽しいかもしれない。


もっと詳しく読む: 機動戦士Zガンダムの主題歌には原曲が存在する / 男性歌手ニール・セダカ氏が歌う楽曲(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/13/mobile-suit-z-gundam-neil-sedaka/

(C)創通・サンライズ

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。