体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東南アジア最後の秘境? 料理研究家が惚れ込むあの国

東南アジア最後の秘境? 料理研究家が惚れ込むあの国
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。1月11日(木)のオンエアでは、料理研究家の島本美由紀さんをお迎えしました。

島本さんは、200を超える海外旅行を経験していて、年末年始は取材を兼ねてマレーシアのマラッカを訪れていたそうです。普段は一人で旅をすることが多いものの、今回は旦那様も連れて行き、一日中隅々まで歩いて7食も食べるような生活をしていたところ、旦那様の方がギブアップしたそう。話を聞いたクリスは「料理研究家は、強靭な胃袋が必要なんですね」と感心していました。

島本さんは、初めて訪れる国では、なるべくホームステイをさせてもらうそうです。レストランに行った時は、キッチンを見せてもらって、レシピを参考にすることも。現地の方に「これを入れてみては」とアドバイスすることもあるとか。しかも、英語が話せるわけではないそうで、ジェスチャーも交えながらコミュニケーションをするとのこと。「なんとかなりますよ」と話していました。

クリス:コミュニケーションをどんどんとっていくタイプですね。
島本:大人しそうに見られがちなんですけど、ガンガン行くんです(笑)。

そもそも、島本さんが海外旅行にハマるようになったきっかけは、19歳くらいの時にテレビで首長族を見て「会いたい!」と思い、すぐにチケットをとって、タイの奥地に行って、お会いしたことに始まるそうです。

今もしょっちゅう海外にいるため、仕事の依頼がくる時は「今、日本に居ますか?」と電話で聞かれるそうです。弾丸スケジュールなので、2日間くらいで戻ってくることもあるそうです。「深夜便を利用すれば、ベトナム、香港などだったら2日で行けますよ。朝から食べ歩いて、翌日の夜に帰ってきます」とパワフル発言を繰り返していました。

荷物を詰める時から、恋が始まるようにワクワクするという島本さんですが、長期滞在をすると満足してしまうため、「また会いたい!」と思うくらいの期間の方が良いのだそうです。「一週間も行くと、胃がついていかなくなるので(笑)」とも話していました。

さて、島本さんは『旅するラオス・ルアンパバーン案内+ついでにハノイ&サパ』を発売しました。ラオスは訪れたことがあったものの、テレビでルアンパバーンの街の托鉢のシーンを見て「行きたい」と思い、再び訪れたそうです。「この国をいつかガイド本にしてみたい」と思い、今回実現しました。

ラオスは人が穏やかで、食べ物にも魅力があるそうです。東南アジアの最後の秘境とも言われ、「世界一で一番行きたい国」に選ばれたこともあります。賑やかなイメージのタイやベトナムに比べると素朴で、特別な何かがあるわけでもなく、「何にもないところが魅力」でもあるとか。そのほか、放送ではラオスの料理についても語っていただきました。旅と料理の魅力をたっぷりと語ってくれた島本さんは、放送の翌日からは一人でベトナムに遊びに行ってくるそうです♪

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月曜〜木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。