体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】漫画アシスタントの残業問題 / うすた京介先生が真相を語り誤解とける「残業代払わなくていいと言ってない」「不満は雇用中に言うべき」

masarusan

名作漫画「ドラゴン桜」作者の三田紀房先生(60歳)が、元アシスタントのカクイシシュンスケ先生に11年間も残業代を支払っておらず、過去にさかのぼって残業代を請求。この件に関して人気漫画家のうすた京介先生が「嫌なら就職しなさい」とTwitterでコメントしたところ、ファンが失望して炎上した騒動で、新たな展開があった。

・うすた京介先生が言いたかったこと
うすた京介先生は、誤解が生まれないようにその書き込みを削除したが、時すでに遅し、大炎上となった。

しかしその後、ファンのNANASHINSINさんがうすた京介先生の気持ちを代弁。うすた京介先生が言いたかったことをズバリ書いてくれたことにより、うすた京介先生に対する世間の誤解が晴れたのだ。以下は、うすた京介先生のコメントである。

・Twitter上でのコメントのやり取り(一部抜粋)
うすた京介先生「残業代払わなくていいとは一言も言ってませんよ」

うしろからマンゾクさん「では何故ツイート消したのですか?」

うすた京介先生「曲解されまくって炎上の流れだったので…そうなるともう火に油で説明するのも怖くなるのです」

NANASHINSINさん「うすた先生は残業代を払わなくていいとはほんとにいってないよ(*´-`)アシとして実力があればサッサとやめてもっと待遇のよい先生につけばよい、実力がなければ他の業界に行って就職しなさいってだけの発言。苦しくなる前にそういう行動が取れるよって意味でね(*´-`)」

NANASHINSINさん「『残業代が出なくても我慢して働け』ではなく『辛い労働環境でわざわざ我慢して働く必要はないよ』っていうことだよ(*´-`)未払いが発生した時点(恩情で2、3回)で、ブラック認定して見切りつけて行動したほうがいいって事ね(*´-`)もちろんその時の未払い分を請求しつつだよ(*´-`)」

うすた京介先生「ありがとうございます。NANASHINSINさんの言う通り「自己評価で給料は決まらない」というのが大前提なんです。双方納得できる落としどころを見つけなきゃいけない以上、不満は雇用中に言うべきなんです。このコメントも今日中に消すと思います。色々ありがとうございました」

usuta1
usuta2
usuta3

@ZGJ3_  残業代払わなくていいとは一言も言ってませんよ

— うすた京介 (@k_usuta) 2018年1月11日

うすた先生は残業代を払わなくていいとはほんとにいってないよ(*´-`)アシとして実力があればサッサとやめてもっと待遇のよい先生につけばよい、実力がなければ他の業界に行って就職しなさいってだけの発言。苦しくなる前にそういう行動が取れるよって意味でね(*´-`)

— NANASHIN (@NANASHINSIN) 2018年1月12日

ありがとうございます。NANASHINSINさんの言う通り「自己評価で給料は決まらない」というのが大前提なんです。双方納得できる落としどころを見つけなきゃいけない以上、不満は雇用中に言うべきなんです。このコメントも今日中に消すと思います。色々ありがとうございました。

— うすた京介 (@k_usuta) 2018年1月12日

・漫画業界の現状を話したつもり
確かに、うすた京介先生は「残業代払わなくていい」とは一言も言っていない。うすた京介先生は漫画業界の現状を話したつもりだったが、「厳しいんだから我慢しろ」や「受け入れろ」という意味にとられてしまった可能性が高い。

・ファンにより救われる形
Twitterは炎上しやすく、誤解されやすいメディアである。それゆえ、削除や沈黙といった手法は鎮火させるひとつの方法ではあるが、誤解は解けないままとなる。今回はうすた京介先生の気持ちを代弁してくれたファンにより救われる形となったようだ。

熱いファンがいることは漫画家にとって非常にうれしいこと。そんなファンが多くいる理由は、うすた京介先生の人柄にもあるだろう。

もっと詳しく読む: 漫画アシスタントの残業問題 / うすた京介先生の誤解とける(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/12/usuta-kyosuke-gokai/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。